So-net無料ブログ作成

めら久しぶりの作例掲載のお知らせ [模型]

久しぶりのお仕事ということで、
9月26日発売のモデルカーズVol.258の巻頭特集、
「ハイソカーを覚えている」に使用します
マイクロエース社1/24スケール、トヨタ・クレスタ・スーパールーセントを
担当いたしました。

mc258.jpg
これまた珍しいことに表紙にも載っています。ありがたやありがたや。

マイクロエースのクレスタは
元は1992年に倒産したLSという岐阜にあった模型メーカーの
金型を引き継いで現在も生産されているという古式ゆかしき(?)
キットなのです。
まあそれ故、至る所がくたびれておりまして、
その辺りをまずシャキッとする方向で制作したわけでございます。

特にフロントグリルは一体成型でのぺっとしていますので、
他キットからのパーツ流用やプラ板への彫り込みで立体感をもたせた
改造を施しましたゑ。

t_cresta51083s.jpg
t_cresta51097s.jpg

ボディ塗装はハイソカーといえば白!というわけではなく、
高級グレードにオプション設定された
「ファッションアベニュートーン」と呼ばれるツートンカラーを
再現してみたとです。
(私は全然記憶にありませんが、当時人気を博したそうですよ。)

t_cresta51120s.jpg
t_cresta51119s.jpg

ぢつは今回の塗装、
エアブラシでクリアーを吹いている際に、
なんか異物(油or水?)も一緒に吹いたみたいで
見事にブツブツが出てしまうというトラブルに見舞われましたが、
研ぎ出しでなんとかその部分を切削できて
(遠目では)見られる状態になれたという
ヒヤヒヤしたところもあったのですよ、奥さん。

t_cresta51068s.jpg
研ぎ出す前の塗装面。〆切1週間前にこれは凹むとです。

そんなこんなでなんとか形になりました私の作例はどうでもよくて、
北澤先生のマーク2セダンや畔蒜師匠の日産ローレル、
小田嶋さんのマーク2(GX81)等々、素晴らしい作品が並ぶ
まさしく車模型専門誌の面目躍如といった特集です。
皆様も本屋さんでみかけたら、それを手にして
出口でなくレジにダッシュしてくださいませ。(当たり前や)










nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新旧キットを作り比べる [模型]

今年(2017年)の3月末に
バンダイから発売された1/144スケールのAT-AT。
模型誌やネットでのレビューでそのすごさが紹介されますと、
やっぱり自分の手でも作ってそのすごさを体感したくなるとですよ。

というわけで、買ってきました。

at_at002s.jpg
「ジェダイの帰還」版ですね。

って、こりゃMPCのやないか〜い!

以前から近所のHARD-OFFで売っていたのを覚えていたので
これを機会に(?)買ってしまいました。
レジでお金を払う際に店員さんに
「パーツリストが無いので、パーツが全て揃っているか
 確認できていませんが、よろしいですか?」と言われ、
「無問題ですよ。」と気軽に答えましたが、
実際のところパーツが1つ足りなくて、
お湯丸くんとプラリペアで複製したのはここだけの秘密。

そして、家のマウンテンサイクルから
このキット登場当時のHJを発掘して、制作の参考とさせていただきます。

at_at043s.jpg
ぢつは当時生まれて初めて買ったHJだったりするのら

キットは全体に凸モールドが施されてるので、
それをガイドにして凹モールドに彫り直し。
凸モールドを落とす際に削ってしまった細かなディテールは
0.3ミリプラ板の小片で復活。

at_at005s.jpg

4脚の基部にはカム状のパーツが見事に省略されているので
1ミリプラ板の積層で再現。

at_at010s.jpg

ボディ後端のディテールについて、キットは実物のミニチュアのうち、
「クラッシュモデル」と言われる一部が破損している状態のものを
参考にしているためか、実物のミニチュアの流用パーツ
(あ〜ややこしい)として使われた、タミヤ1/35MMシリーズの
20mm4連装高射機関砲38型(FLAK38)の装甲板が
左側にしかモールドされていないのです。
なので、その部分は一旦削り落として、その形に切り出した0.3ミリプラ板で
左右に装甲板がついた状態に戻します。
その上下のディテールも省略されているものがありますので、
プラ板で再現します。

at_at004s.jpg

足の部分のパーツもディテールが省略され気味なので、
0.3ミリプラ板を同じ形に切り出して、貼っていきまする。

パーツ全体が結構もっさりしていますので、紙やすりを全体にあてて
角を立てるつもりで表面を整え、各パーツを組んだ後
タミヤのファインプラサフ(グレー)を吹いて、
数種類のグレーをムラムラ(あえて均一にならないよう)に
エアブラシで塗装しました。
最後に、タミヤエナメルのライトグレーとレッドブラウンで
ウォッシングして完成でおます。

at_at025s.jpg
at_at026s.jpg
一応前脚は関節が動くのですが、結局固定してしまいました。

あ”、ちゃんとバンダイのキットもかいましたゑ。

at_at039s.jpg
箱の体積としてはバンダイ版の方が大きいのれす。

いや、ミニチュアを作るために流用した色々なキットのパーツが
そのまま縮小されているのは、少し大げさに言えば
ビデオカメラで写している画像をテレビに映してそれをビデオカメラで撮って
無限に繰り返しているような不思議な感覚。
架空のメカの1/144スケールキットではなく、
1/20スケール位の撮影プロップのキットというべきなのではないでしょうか。

こちらは本当に無改造で組み立て、MPCのキット同様の塗装を施しました。

at_at037s.jpg
at_at035s.jpg

2つを並べて親子メカの記念撮影です。

at_at031s.jpg
at_at033s.jpg
手前がバンダイ、奥がMPCのキットです。こう見るとMPCのキットは1/100スケール位ですかね?

2つ並べて思うのが、バンダイのキットのいたでりつくせり感と
発売当時も感じましたが、MPCのキットがやはり良キットだということ。
どっちのキットを組んでいる方が楽しかったかどうかは、
言わんとこ。



スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2015/11/13
  • メディア: Blu-ray



Star Wars: 1/100 AT-AT / スターウォーズ AT-AT

Star Wars: 1/100 AT-AT / スターウォーズ AT-AT

  • 出版社/メーカー: mpc
  • メディア: おもちゃ&ホビー







第2回三重プラモサミットに行く(その5) [模型]

フィギュアは私は殆どやらないのですけど、
最近ちょっとチャレンジしたいのですよねぇ。

mieps17115s.jpgmieps17177s.jpg
mieps17216s.jpg
mieps17234s.jpgmieps17235s.jpg
mieps17199s.jpg

ミニチュアゲームのウォーハンマーの駒(っていうべきなのか?)も
ディテールとかすんごいのがあって、ゲームはともかく、
プラモデルとして作って塗ってみたいものがあります。

mieps17036s.jpgmieps17045s.jpg
mieps17121s.jpg
mieps17122s.jpg

1/1のSAFSは
もちろん下から頭を出して記念撮影するためにあるのですよ。(違う)

mieps17057s.jpg

そして模型誌に作例が掲載されいてるプロモデラーの作品も観られたのも
嬉しいことの1つ。
つくろーぜ会も開催していたリョータさんや

mieps17076s.jpg
mieps17153s.jpg

日曜日はMGで「LET'S TRYビギナーズ」を連載されている
伊藤霊一さんの作品も観られました。

mieps17191s.jpg
mieps17222s.jpgmieps17223s.jpgmieps17231s.jpg
mieps17192s.jpgmieps17193s.jpg
私はキングジェイダーが観られてめら嬉しいなりよ。


mieps17114s.jpg

という感じで、
会場で観られた素晴らしい作品の一部を紹介させていただきました。
マニアのオフ会的なものではなく、
模型を作る楽しさを知るきっかけとなるようなモノとしたいという
主催の皆様の気持ちが伝わるイベントでございました。

改めまして、このような場を設けていただいた主催のmiemoの皆様に
感謝する次第でございます。
次回開催の際も微力ながらお手伝いできたらなと思っております。

おしまい




第2回三重プラモサミットに行く(その4) [模型]

最近はガンダムビルドファイターズの「ベアッガイさん」が
1つのジャンルとして独立してもいいんではないかと思うくらい、
色々な展示会で数が観られるのですが、さてどうなるのでしょう?
今回もアッガイ谷さんの展示を始め、
いくつかの方の展示で、さまざまに改造されたベアッガイさんが観られました。

mieps17064s.jpg
mieps17156s.jpgmieps17157s.jpg
mieps17110s.jpgmieps17096s.jpg
mieps17098s.jpgmieps17220s.jpg

ネタコンテストでもありましたね。

mieps17101s.jpg
イー!!

オラザクコンテストの優勝者DAITEN様の作品も観られました。

mieps17175s.jpg
mieps17174s.jpgmieps17125s.jpg

また、会場ではシャア専用ガンダムバーChar Aznableが企画された
初心者向けパチ組み参加型ジオラマ「ミエモシティ0017」が用意され、
当日受付でHGUCシリーズのガンプラが多く飾られました。

mieps17226s.jpg
mieps17206s.jpgmieps17207s.jpg
mieps17130s.jpgmieps17131s.jpg
ここにもいましたベアッガイさん(あれ?)

ガンプラ以外もキャラクター物は多かったのですが、
特撮ものが結構多かったのが印象深いのでした。

mieps17097s.jpgmieps17042s.jpg
mieps17151s.jpg
mieps17150s.jpgmieps17074s.jpg

ダイオラマ仕立ての作品も多くて思わず目線を下げてしまいます。

mieps17100s.jpgmieps17172s.jpg
mieps17171s.jpgmieps17170s.jpg

特撮といえば、SOLさんの電飾ダイオラマも暗い部屋に並べられて、
雰囲気満点でございました。

mieps17159s.jpg

もちょっとだけ続くかな?




第2回三重プラモサミットに行く(その3) [模型]

前の前の記事に書きましたが
展示で大勢を占めたのはガンプラ等のキャラクター物だったわけで
ここからはその辺りを紹介していきたいと思います。

mieps17009s.jpgmieps17008s.jpg
mieps17136s.jpg

しかしまあ、正攻法から盆栽仕立てまで色々なアプローチがありますなあ。
この幅の広さはスケール物は敵いませんぜ。

mieps17029s.jpgmieps17034s.jpg
mieps17037s.jpgmieps17128s.jpg
mieps17038s.jpgmieps17071s.jpg

私は頭が固いせいか
どちらかといえば正攻法のディテールアップな方向の作品が
見ていて落ち着くのですが、皆様はどうですか?

mieps17044s.jpgmieps17041s.jpg
mieps17117s.jpg

和茶さんの展示で見られた新旧キットのミキシングビルド。
サンダーボルト版のザクⅡと水中用ザクのコラボは素晴らしいと思いました。

mieps17179s.jpg
mieps17189s.jpgmieps17188s.jpg
mieps17137s.jpgmieps17028s.jpg

NACさんの歴代スカイラインの隣では、
鉄血のオルフェンズに登場したMSが素晴らしい仕上がりで沢山並んでおりまして、
いや壮観でございました。

mieps17134s.jpg
mieps17049s.jpgmieps17050s.jpg
mieps17105s.jpg

あと、
展示の際はその立たせ方も作品の魅力を引き立たせる要素の1つだよ、と
常々思っているのですが、いかがでしょうか。

mieps17149s.jpg
mieps17147s.jpgmieps17148s.jpg
mieps17077s.jpg

もう少し続けさせてくださいね。




第2回三重プラモサミットに行く(その2) [模型]

会場は模型の展示だけではなく、
豪華景品がもらえるかもしれない射的や、
(最後の最後でネオジオングゲットした剛の者がいたそうな)

mieps17195s.jpgmieps17196s.jpg
mieps17221s.jpg
射撃の腕を見込んでジオン軍に引き込もうと画策する某大佐?

懐かしの格闘ロボット「ナックルファイター」 で遊べたり

mieps17082s.jpg
肝心のナックルファイターが写っていませんが

ミニ四駆のサーキットやボードゲームの体験コーナーもあったり
プロモデラーリョータさんのつくろーぜ会も開催されたりと、

mieps17229s.jpg

まあ盛り沢山な2日間でありました。
それでは、展示されていた作品の一部の紹介を続けます。

NAC(ナック)さんの展示では歴代のスカイラインが観られました。

mieps17051s.jpg
mieps17132s.jpgmieps17209s.jpg

恐ろしか電飾使用のトラック。

mieps17048s.jpg

伊勢フライングビーナスさん

mieps17021s.jpg
mieps17024s.jpgmieps17023s.jpg
mieps17158s.jpgmieps17146s.jpg
mieps17075s.jpg

アーマーモデリング8月号に掲載されていた熊本城。

mieps17020s.jpg

おいしそうなドールハウスもありました。

mieps17031s.jpg
mieps17124s.jpgmieps17123s.jpg
いや、金魚はおいしそうといってはいかんか

しかしまあ、飛行機とか艦船は自分が全然作っていないせいか、
どうやって作られているのか気になりますです。

mieps17018s.jpg
mieps17016s.jpg
mieps17187s.jpg

まだ続きます。



第2回三重プラモサミットに行く(その1) [模型]

というわけで、
7月15、16日に津センターパレスで開催された
第2回三重プラモサミットに参加してきました。

mieps17p.jpg

前回は前日の金曜日に勤務先から家に戻る途中に搬入できましたが、
今回は開催当日の朝に完成品を持ち込んで搬入です。

mieps17165s.jpg
こんな感じですわ。

午前10時に準備が始まって、11時から開場ということで
来場者がどんどん入ってくるとですよ。

mieps17001s.jpg
まだ準備が間に合わない方もいるぢょ。
mieps17081s.jpg

展示はオールジャンルで何でもありだったのですが、
キャラクター物が大勢を占め、スケール物は少数派でした。
スケール物の中では珍しくクルマが多めで、AFVはかなり少なめだったのが
一寸驚きでした。

まずは会場で見られた、そのスケール物の一部を紹介します。
自分が完成品を並べたシマはちょうどクルマ模型がメインの出展者が
集まっておりました。

まずは模型転倒虫さんの展示。
どの作品も丁寧に作られていて、いつもなんとなくで作っている私は
隣にいたのがとても恥ずかしかったのです。

mieps17003s.jpg
mieps17168s.jpgmieps17141s.jpg
mieps17017s.jpgmieps17139s.jpg

隣の机の半分は、三重県の誇るカーモデルフルスクラッチの2大巨塔のお1人、
Katsuさんの作品。

mieps17007s.jpg
mieps17167s.jpg

マツダ・ロードスターRFは
静岡ホビーショーのモデラーズクラブ合同作品展でも何処かで展示されていた
らしいのですが、私は開催後他の方のツイートとかFBの書き込みで知りました。
今回ようやく直にルーフが動くところを観られることができました。
ありがたや、ありがたや。(動くところは何処かで動画を探してね)

mieps17088s.jpgmieps17212s.jpg

んで、これまた驚きなのが
昔、海洋堂さんが主宰していたアートプラ大賞にて何度か入賞されていた
ということで、過去の作品も展示されておりました。
いや、すごい人は昔から凄い人だったんですなあ。
いやそんな方と隣り合っていたかと思うと(以下略)

mieps17004s.jpg
mieps17108s.jpgmieps17154s.jpg
mieps17109s.jpg

2大巨塔のもう御一方、8マンさんは、ケミカルウッド削り出しで
フルスクラッチのフォーミュラカーを作られるすんごい方なのです。
制作過程の削り出しも展示されることで「これがこうなるのか!?」と
驚かれる方も多かったですぞ。

mieps17006s.jpg
mieps17013s.jpgmieps17080s.jpg
mieps17067s.jpgmieps17169s.jpg

私の展示の真後ろは
毎年の関西オートモデラーの集いでお世話になる「水曜倶楽部」さん。
精密なバイク模型が来場者の注目を集めておりました。
また、会場で開催された「ネタ模型コンテスト」で持ち込んだスバル・サンバーが
スケール物賞(?)で入賞しておりました。おめでとうございます。

mieps17145s.jpg

続きます。




三重プラモサミットに参加します [模型]

いやまあ、またブログの更新が数カ月滞ってしまいました。
FBやツイッターに書き込んだら、なんかもうやることやった気分になってしまうのは
ぢつに困ったものです。

5月は静岡ホビーショーのモデラーズクラブ合同作品展にも参加したけど
もうブログに掲げるタイミングは逸してしまってますな。

そんなずぼらで畜生な私ですが、
今週末に三重県津市で開催されます「第2回三重プラモサミット」に参加することをお許しくださいませ。

mieps17p.jpg

第2回三重プラモサミット
開催日:2017年7月15日(土)~7月16日(日)
会 場:津センターパレスB1 市民オープンステージ(三重県津市大門7番15号)

昨年の第1回は1日だけの開催でしたが、今回は2倍の2日間の開催なんです。
そして昨年同様、模型の展示はもとより射的やつくろーぜ会もあったりと
盛り沢山のイベントなのですよ、奥さん。

mieps16001s.jpg
mieps16122s.jpgmieps16123s.jpg
前回の会場の様子です。

ブログに記事もあげてました。えらいぞ俺。
三重プラモサミットに参加する(その1)
三重プラモサミットに参加する(その2)

皆様もお近くを訪れの際は是非お立ち寄りくださいませ。
ただ、そもそもお近くに訪れるということがない場所(いわゆるシャッター商店街)ではあるのですが。



モデラーズミーティングin熊本に行く(その2) [模型]

前の日記でも書いたけど、今回クルマは少数派ちゅうことで。

mmk17102s.jpg
mmk17120s.jpgmmk17126s.jpg
mmk17103s.jpgmmk17129s.jpg
mmk17032s.jpg

ハセガワのジムニーの綺麗な汚し(?)が良いなあと思ったりして。

mmk17054s.jpg

アスタコも適度なウェザリングがこれまたいい感じ。

mmk17050s.jpg

あ”、私も一応クルマの括りでね。

mmk17130s.jpg

キャラクター物はガンプラは当然として、

mmk17107s.jpg
mmk17004s.jpgmmk17065s.jpg
mmk17045s.jpgmmk17047s.jpgmmk17048s.jpg
mmk17088s.jpgmmk17095s.jpg
mmk17078s.jpg
mmk17062s.jpgmmk17097s.jpg
mmk17081s.jpg
サイ・ボル鉄火!(一瞬、公式でこういう設定だと思いました)

マーシネン・クリーガーとか

mmk17059s.jpg
mmk17038s.jpgmmk17035s.jpg

フレームアームズとか

mmk17068s.jpgmmk17070s.jpg

タイムボカンとかSWとかサンダーバードとか様々な作品が観られました。
これまためら嬉しす。

mmk17127s.jpgmmk17118s.jpg
mmk17041s.jpg
mmk17089s.jpg
mmk17090s.jpgmmk17087s.jpg
mmk17099s.jpgmmk17076s.jpg
mmk17077s.jpg
ミキシングビルド系の発想力にはいつも感嘆するのら。

SAのミナミコンの入賞作もありましたゑ。

mmk17116s.jpgmmk17132s.jpg

作品の展示以外では、
午後からイタリア軍専門家の吉川先生の豆戦車にかかる考察と

mmk17104s.jpg

情景王山卓先生が加わってのガルパンに関する
戦車のディテールについてのトークショウが行われました。

mmk17110s.jpg

と、まあこんな感じで
楽しい時間はあっという間に過ぎ、終了の午後4時となってしまいました。
主催の皆様にあたってはこのような場をご提供いただき
本当にありがとうございます。
また、この2日間でお世話になった皆様には
重ねてありがとうございます。

次回もよろしくお願いします。












モデラーズミーティングin熊本に行く(その1) [模型]

3月19日(日)に熊本県熊本市の森都心プラザ6階で開催された
「モデラーズミーティングin熊本」に参加してきました。

mmk17013s.jpg
mmk17101s.jpg

参加作品はオールジャンル。
熊本ではあまりそういう展示会は開催されたことがなかったとのことで、
主催の方も手探りでの第1回開催だとのことでした。
参加された作品はスケールものとキャラクターものが
半々といったところでしょうか。
それでは会場で気になった作品の一部を紹介するとです。

mmk17009s.jpgmmk17008s.jpg
中野裕也さん制作の1/6スケール「永遠のゼロ」零戦とフィギュア。
どえらい存在感!

mmk17016s.jpgmmk17012s.jpg
藤島さんの1/16スケールJS2は青森から、POOH熊谷さんは北海道から
作品のみの参加。

mmk17131.jpg
大阪から森本さんのAMに掲載された1/1500スケールの
三河長篠城攻防戦のダイオラマも作品のみの参加。
よく見ると1/1500スケールの人間もいます。えらいことです。

mmk17014s.jpg
mmk17015s.jpgmmk17073s.jpg
ネイビーヤードに作品が掲載されている川合勇一さんの艦船。
もう張線とかマストのエッチングとか細かすぎて涙が出ます。

スケールものはAFVと飛行機が大半で、
クルマはめら少なかったです。
同日に香川県高松市で四国オートモデラーの集いもあったので
そちらに行かれた方も多かったかも。

mmk17019s.jpgmmk17020s.jpg
mmk17021s.jpgmmk17128s.jpg

しかし、AFVは塗装の技術を上達させていかないと
楽しめない所があると思うのですが、どうなんでしょうか?
最近は色々な塗料や塗装法が登場していて、もう何がなんやら。

mmk17022s.jpgmmk17030s.jpg
mmk17029s.jpg
mmk17031s.jpgmmk17033s.jpg
mmk17034s.jpgmmk17036s.jpg

あと、フィギュアの塗りがしっかりしていると
作品が引き締まる気がします。皆様はどう思われますか?

mmk17040s.jpg
mmk17051s.jpgmmk17079s.jpg
mmk17122s.jpgmmk17115s.jpg
mmk17125s.jpgmmk17017s.jpg

飛行機はWW1から現用機まで、
仕上げの方法も現実に忠実だったり架空機だったりと
幅広い作品が見られました。

mmk17025s.jpg
mmk17024s.jpgmmk17026s.jpg
mmk17042s.jpgmmk17043s.jpg
mmk17056s.jpg
mmk17055s.jpgmmk17060s.jpg

第四回なんちゃってJMC大賞の作品も見られることができました。
機体内部はほぼ自作と聞いております。すげえぜ。

mmk17119s.jpg
mmk17058s.jpgmmk17117s.jpg
mmk17123s.jpgmmk17124s.jpg

続きます。





Armour Modelling 2015年 04 月号 [雑誌]

Armour Modelling 2015年 04 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2015/03/13
  • メディア: 雑誌



ネイビーヤード(34) 2017年 03 月号 [雑誌]: Armour Modelling 別冊

ネイビーヤード(34) 2017年 03 月号 [雑誌]: Armour Modelling 別冊

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2017/03/04
  • メディア: 雑誌



Scale Aviation(スケールアヴィエーション) 2017年 01 月号 [雑誌]

Scale Aviation(スケールアヴィエーション) 2017年 01 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2016/12/13
  • メディア: 雑誌