So-net無料ブログ作成

ろうがんず展2017に行く [模型]

1月29日は横浜市青葉区のたまプラーザテラスゲート2階で開催された
ろうがんず展2017を観に行きました。
ろうがんずは俳優の石坂浩二さんが
「いつもお世話になっている模型に恩返しをしたい」と結成した
プラモデルクラブでございます。

例年ならこの日は東京青海で開催されるJCCAニューイヤーミーティングに
カントリーマンで参加してたりするのですが、その週の金曜日は本業で
ちょっとしたイベントがありましたので、参加を控えさせていただいたのは
ここだけの秘密。

fuji054s.jpg
いやぁ、ほんに久しぶりに富士山の御姿を観られることができました。ありがたやありがたや。

そんなわけで(?)
クルマではなく新幹線で新横浜まで乗って
横浜市営地下鉄ブルーラインで終点のあざみ野駅まで行って、
そこから東急田園都市線に乗り換えて1駅のたまプラーザ駅に行くとです。

会場は駅の直上。昼食をとってお腹も落ち着いたところで
いよいよ会場に向かいますよ。

roga17002s.jpg

1階のフェスティバルコートでは動く模型で凸凹山を走らせるレースが
大人気でございました。

roga17016s.jpg
roga17029s.jpgroga17030s.jpg
roga17033s.jpg
roga17035s.jpgroga17036s.jpg
roga17068s.jpgroga17059s.jpg
roga17072s.jpg

会場内の作品はスケール物のみでございまして、
その中でも飛行機が一番多く、次にAFV、クルマの順でしょうか。

roga17026s.jpgroga17015s.jpg
roga17006s.jpg
roga17008s.jpgroga17039s.jpg
roga17037s.jpgroga17038s.jpg

roga17062s.jpg
roga17063s.jpgroga17071s.jpg
roga17064s.jpgroga17073s.jpg

過去のろうがんず杯の入賞作品も展示されましたよ。

roga17076s.jpg
roga17011s.jpgroga17083s.jpg
roga17041s.jpgroga17040s.jpg
roga17043s.jpg
roga17004s.jpg

ゲストモデラーさんの展示は春風亭昇太さん、東儀秀樹さん等
錚々たるメンバー。なんかめっちゃ親近感湧きます。

roga17010s.jpgroga17009s.jpg
roga17013s.jpgroga17014s.jpg

モデラーのゲストは長徳佳崇さん、伊藤康治さん、WildRiver荒川直人さん。
超絶技巧に来場者の皆様、感嘆しながら細部を覗き込んでおりました。

roga17018s.jpg
roga17021s.jpg
roga17020s.jpg

んで、
この日は会長の石坂浩二さんとMokejyoの代表の右衛門さんの
トークショウがありまして、まさに会場は人で一杯になったとですよ。
女性の方の模型へのアプローチの仕方とか、色々ためになる話でございました。

roga17057s.jpg
roga17047s.jpgroga17056s.jpg

トークショーの後は、外務省の海外向け情報発信の映像に使用するため
Mokejyoのメンバーが紹介されておりましたゑ。

roga17079s.jpg
roga17084s.jpg

会長の石坂浩二さんをはじめ、会員の皆様の
模型を作ることの楽しさを伝えたいという気持ちがたくさん詰まった
展示会でございました。









今年最初の作例掲載のお知らせ [模型]

mc250s.jpg

1月26日発売のモデルカーズ250号の巻頭特集、
「2017リベンジモデリング」に使用します
フジミ1/24スケール、トヨタ・チェイサーGTツインターボの作例を
担当いたしました。

t_chaser279s.jpg

過去にうまく作られなかったキットに再挑戦してみよう、という事で
2008年5月発売の同誌146号で担当したトヨタ・チェイサーを
選ばせていただき、年越しで制作させていただきました。
というわけで、その時の作例と2台並べてみるとです。

t_chaser298s.jpg

当時の編集部から依頼は基本素組ということでしたが、それでも
(特にフロントの)実車とキットの違いに思う事ありましたので、
今回編集部からの問い合わせにまず選ばせていただいたものです。

t_chaser297s.jpg

キットは実車と比べ、
ヘッドライトやフロントグリルとバンパーとの間隔が狭く、
グリル下のスリットも再現されていないので、
ライト位置を2㎜程上げ、0.3mmプラ板でスリットを作りました。
また、屋根の幅が狭いと感じられるので、中央を一旦切断し
プラ板をかませて1mm程拡げました。

t_chaser286s.jpg

2008年5月の作例(右)で使用したキットはアバンテ・ツインカム24で
エンジンは自然吸気の1G-GEUでしたが、
今回制作したキット(左)は、その後の改修でツインターボとなりましたので、
エンジンは1G-GTEUになっているとです。

t_chaser283s.jpgt_chaser287s.jpg

前述したフロントと屋根の改修以外の制作内容は、
2008年5月の作例と殆ど同じなんですよ、奥さん。

特集では、自分と同じく過去の誌面で担当した作例とか
プライベートで昔作ったキットの色々なアプローチの再挑戦が観られます。
本屋さんで見かけたら是非お手に取ってご確認をお願いします。
ZEHI!!





model cars (モデルカーズ) 2017年 3月号 Vol.250

model cars (モデルカーズ) 2017年 3月号 Vol.250

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2017/01/26
  • メディア: 雑誌






1日で実車と模型のイベントに参加する(その4) [模型]

会場では模型メーカー2社(ハセガワさんとアオシマさん)の
開発or設計担当者との質疑応答(?)の時間もありまして
ハセガワさんはまもなく発売されるスズキ・ジムニーを
展示されてました。

am24152s.jpg
am24183s.jpg

しかし、こういうイベントに行きまして、
参加される方々それぞれが色々なジャンルやアプローチで
制作された作品を観ることはめっさ勉強になりますよ。

am24008s.jpg
am24017s.jpgam24033s.jpg
am24058s.jpg
am24069s.jpg
am24100s.jpgam24101s.jpg
am24010s.jpg
am24030s.jpgam24031s.jpg
am24104s.jpgam24184s.jpg
am24037s.jpg
am24006s.jpgam24041s.jpg

もうホンマ、なんで私ごときが
模型誌の作例を作って完成品を載せられているのか
自問自答の毎日ですわ。

am24107s.jpgam24103s.jpg
am24018s.jpg
am24061s.jpgam24153s.jpg
am24072s.jpgam24062s.jpg
am24064s.jpgam24065s.jpg
am24123s.jpg
am24075s.jpg

トリはこないだ東海地方限定の番組で
「恐怖!ドア開閉男!!」として紹介されていた人の作品や!

am24161s.jpgam24192s.jpg
am24160s.jpg

とまあ、
こんな感じで画像を撮ってたり、知り合いとお話ししたりしてたら
もう終了時間の午後4時となり、また来年もよろしくということで
解散となりました。

毎回毎回このような盛況した場を提供していただける
主催の3クラブの皆様には本当に感謝感激雨あられでございます。
次回開催の折もよろしくお願いいたします。

nagakute044s.jpg
とか色々考えつつ渋滞にハマるの図

おしまい




1日で実車と模型のイベントに参加する(その3) [模型]

すいません。
こういう日記は速攻性が求められるのに、
なかなかエネルギーが貯まらなくてやることやること後回しになってしまいます。
そんなところに軽率な行動をとってしまうと
その反省でいろいろ消耗してしまい、部屋に戻ってもそのまま横になってしまうわけで。
自業自得といってしまえばそれだけなんですがね。

では、オートモデラーの集いのレポートに戻ります。

am24089s.jpg

こういう模型イベントに参加しますと
各模型誌で掲載された作品をじかに見られるという利点があったりします。
先の記事で紹介したものにもそういう作品がありましたが、
今回はモデルカーズで多くの作例を担当されている
畔蒜教授やKen-1さん、ダッズ松本さんの作品が見られました。

am24068s.jpg
am24150s.jpg
このロールスロイスはMM「WW1戦車をつくる!」に掲載されてます

am24020s.jpg
am24021s.jpgam24023s.jpg
am24022s.jpgam24060s.jpg

am24158s.jpg

また、ネット上で知り合った仲間で共通テーマで作品を持ち寄るなんてことも
あちこちで見られました。

am24054s.jpgam24059s.jpg
am24186s.jpg
am24093s.jpgam24092s.jpg
Scale cars Networkは今年はランボルギーニ。

am24055s.jpg
am24057s.jpgam24056s.jpg
Lemmon & Bossa Car Meetingということで、
レモンカーって何かを調べたら
主にアメリカで用いられる車用語で、
めら簡単に言うと欠陥車のことを言うようです。
けど、この辺りの年代のアメ車のキットで
なんか(変な)魅力があるんだわ。

am24132s.jpg
ケンメリも集まってました。

あと少し続く

1日で実車と模型のイベントに参加する(その2) [模型]

新舞子マリンパークを離れ、
再び伊勢湾岸に入り名古屋南JCTから名二環に移り本郷ICで降りて
長久手市のトヨタ博物館に向かいます。
そこではオートモデラーの集いin名古屋が開催されているとです。

am24001s.jpg
うわ、人が一杯です。

イベント開始が午前10時からで、それに遅れて会場に到着しましたので
もう参加者の作品でテーブルはほぼ一杯。
なんとか入り口近くのシマの丸いテーブルに作品を並べました。

am24002s.jpg

そんなわけで
会場はクルマ模型がてんこ盛りだったわけなのです。
それらの一部を紹介したいと思います。
まずは主催の3クラブから。

am24086s.jpg
am24099s.jpgam24088s.jpg
am24185s.jpg
TDMC(Toyota Desgin Modelers Club)さん

am24084s.jpg
am24095s.jpgam24098s.jpg
am24096s.jpg
TMCC(東海モデルカークラブ)さん

am24091s.jpg
am24024s.jpgam24177s.jpg
クラブ・モデナさん

んで、主催の3クラブ以外にも
名古屋以外のオートモデラーの集いを主催しているクラブの方々も
遠路はるばるはせ参じておられます。

am24090s.jpg
am24026s.jpg
オートモデラーの集いin四国を主催される(?)高松ニッパーズさん。
(第2回は来年3月19日開催だす)

am24039s.jpg
am24111s.jpgam24112s.jpg
am24078s.jpg
オートモデラーの集いin横浜を主催される日産テクノモデラーズクラブさん
(次回は来年2月4日の土曜日開催です)

am24047s.jpg
am24051s.jpgam24050s.jpg
am24166s.jpgam24049s.jpg
am24116s.jpg
オートモデラーの集いin関西を主催されている水曜倶楽部さん
(次回開催の折もよろしくお願いします。)

am24027s.jpg
am24113s.jpgam24114s.jpg
am24117s.jpgam24180s.jpg
am24115s.jpg
S.E.M湘南モデルカー愛好会さんも展示されておりましたよ。

いやいや、何気に日本各地のモデラーの作品が一同に集まっているとですよ。
すげえぜ。

もちっと続く。






ホビーフォーラム2016に行く(その2) [模型]

確か昨年や一昨年は当日の天候が悪く、
会場限定のミニカーやお宝キットを真っ先にゲットしようとする
ご来場者の皆様が会場前に並ぶのも大変そうでしたが、
今年は天候も良く、会場内からもその列が一望できました江。

HF16044s.jpg

これらの方々が開場と同時にホール内に入られる勢いは
まさに床が揺れるのがわかるくらいなのですよ、奥さん。

HF16047s.jpg

開場してすぐにこうなります、すげえぜ。

ぢつは今回、実働部隊が少なくて
そのうえ物販の方がなかなかに好調で常に誰かが張り付かなくてはならないため、
会場内を全然回れておりません。
そのため入り口側の出店ブースの方には結局一度も行けずじまいでした。
また出展ブースの方もあまり回れておりませんで、
今回紹介しているものは開場前に撮ったものがほとんでおます。
ご了承ください。

同じく我々の展示のお隣は日産テクノモデラーズクラブさんの展示。
動きを感じられるバイクやクルマの展示が印象的でした。

HF16029s.jpg
HF16030s.jpgHF16031s.jpg
HF16033s.jpg
HF16034s.jpg

F1モデルに特化したクラブが多いのもここの展示の特徴の1つ
Ketteringham Factoryさん
HF16035s.jpg

ガーニーフラップさん
HF16019s.jpg

Formula 1 Modelersさん
HF16041s.jpg
HF16065s.jpgHF16066s.jpg

ラリーカーはWe are Rally car modelers Communityさんで。

HF16020s.jpg
HF16021s.jpg

そのお隣はモデルカークラブRSさん。
古いキットをきちんとフラッシュアップして
見られるようにできるのはいいなあ。

HF16022s.jpg
HF16023s.jpg

Gruppo del modello di macchinaさんの展示は
バラエティに富んだ展示。

HF16027s.jpg
HF16068s.jpgHF16067s.jpg
HF16026s.jpg

梅鉢製作所さんの展示は今年はラジコンがメイン。
HF16039s.jpg

スケールモータースポーツフェアさん
HF16038s.jpg

QUATTRO VALVOREさん
HF16040s.jpg

クルマ村少年団さん
HF16061s.jpg
HF16060s.jpg

最後は重機建機に特化したM.I models。ここの展示だけ目線が上を向きます。
HF16062s.jpg
HF16063s.jpgHF16064s.jpg

その他、会場内では
模型メーカーのトークショーやキット完成品やミニカーのオークション、
当日持ち込みの模型コンテストとかありました。
オークションのキット完成品とミニカーの温度差が
私には少しいたたまれない感がありました。

そんな盛り沢山の催しがありまして、
あっという間に終了時間の16:30になりまして、来年もこの会場で
11月5日に開催されるとのアナウンスがありました。

HF16072s.jpg

出店者、出展者とも搬出を行い
午後6時までには会場を後にさせていただきました。

主催者の皆様、ご来場者の皆様
改めましてありがとうございます。
次回参加の際もよろしくお願いします。

おしまい。





ホビーフォーラム2016に行く(その1) [模型]

11月最初の週末は、自分では毎年恒例のイベントとしている、
ホビーフォーラムに参加するため上京いたしました。

ここ数年は
その週の土曜日は横浜赤レンガ倉庫で実車イベント、
日曜日は横浜港大さん橋ホールでホビーフォーラムという
コンボ技が確立しつつありましたが、今年は1週ずれてしまいましたので
ホビーフォーラム出展のためメガネ君に荷物を満載して
快適に(?)新東名を走らせたわけで。

yokohama1701s.jpg

土曜日の夕方に大さん橋の駐車場にクルマを止め、荷物を上げ、
日曜日の朝に作品を並べたり、物販の商品を積み上げたりしたとです。

HF16001s.jpgHF16004s.jpg

まあ、お約束ということで
まずは我らがレプリカンパニーの展示を紹介。

HF16005s.jpg
HF16050s.jpgHF16051s.jpg
HF16053s.jpgHF16046s.jpg
HF16049s.jpgHF16052s.jpg
HF16028s.jpg

今回の展示は畔蒜教授と周東さんと後藤さんと私の4名で
モデルカーズの作例を中心に作品が並びました。
来場者には特に後藤さんの1/24スケールの三菱ランサーに注目が集まりました。
また畔蒜教授の作品の塗装の美しさに感嘆される方も多し。

お隣はS.E.M湘南モデルカー愛好会の展示。

HF16006s.jpg
HF16007s.jpgHF16008s.jpg
HF16009s.jpg
HF16010s.jpgHF16013s.jpg
HF16011s.jpgHF16012s.jpg
HF16014s.jpgHF16016s.jpg
HF16017s.jpg

展示台数もさることながら、
裏面もあったりして会員全体のパワーが感じられる展示でございました。

ちょっとだけ続きます。



ちょっと遅れたけど模型誌掲載のお知らせ [模型]

今月26日発売の
モデルカーズ244号の巻頭特集「正義のクルマたち」に使用します
アオシマ1/24スケール、マツダRX−7パトロールカーの
作例を担当しました。

mc244.jpg
残念ながら表紙には写ってなかとです...

今回の製作にあたっては、ドアを開閉可能に改造して、
室内にパトライトのアンプ等のディテールを追加、
トランクに三角コーン等の装備を載せたとです。

m_rx7pat119s.jpg
m_rx7pat115s.jpg

私の作例以外にも
最新のフェアレディZから昔懐かしマスタングのパトカーまで
様々なアプローチでの作例がわんさと載っておりますので、
本屋さんで見かけしましたら是非お手に取って
レジに並んでくださりますようお願いします。

13416967_144825375928653_8588462806353051591_o.jpg

んで、この作例は
現在ノリタケの森ギャラリーで開催中の
AUTOMOBILE ART EXHIBITION 2016にて展示しております。
直に見てみたいという奇特な方は是非ご来場くださいませ。



model cars (モデルカーズ) 2016年9月号 Vol.244

model cars (モデルカーズ) 2016年9月号 Vol.244

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2016/07/26
  • メディア: 雑誌



1/24 ザ・ベストカーGTシリーズ No.60 マツダ FD3S RX-7 IV型 パトロールカー プラモデル

1/24 ザ・ベストカーGTシリーズ No.60 マツダ FD3S RX-7 IV型 パトロールカー プラモデル

  • 出版社/メーカー: 青島文化教材社
  • メディア: おもちゃ&ホビー


トランクに載せた道具類はこのキットを使用しました。

1/24 パトカーパーツセット

1/24 パトカーパーツセット

  • 出版社/メーカー: フジミ模型
  • メディア: おもちゃ&ホビー



丸之内モデラーズコンベンション2016 [模型]

7月18日の海の日は、
津センターパレスで三重プラモサミットが開催される一方、
津リージョンプラザ3階ギャラリーでは、
津市にある模型店「ブルーベルホビー」さん主催の展示会
「丸之内モデラーズコンベンション2016」が開催されておりました。

mieps16095s.jpg

こちらにも2台ほど完成品を展示させていただきました。
お店の常連さんが作品を持ち寄っての展示でしたが、
これまた珍しく、カーモデルがメインとなった展示でございました。

mieps16070s.jpg
mieps16096s.jpgmieps16081s.jpg

お店で「ロードスターコンベンション」という
企画をしていたこともあり、マツダ・ロードスターが沢山並びました。

mieps16079s.jpg
mieps16076s.jpgmieps16073s.jpg

プラモサミットでも展示されていたKatsuさんが
こちらでも作品を並べておりました。というわけで、
マツダ・ロードスターも左端のものを除いて
タミヤのキット登場前のフルスクラッチなのです!えらいこっちゃぁ。
んで、一番左のロードスターはタミヤのキットなのですが、
塗装で絵画的なアプローチを試しておられます。(詳しくはHPで。)

mieps16078s.jpg
mieps16080s.jpg

お話をお聞きしますと、最近模型に出戻りされた方ということですが、
塗装も綺麗だし、細かな追加工作も効果的だし、
だらだら模型作りを続けているだけの私は一体何なんだろうと
思ってしまいますね。

mieps16075s.jpg
mieps16094s.jpgmieps16088s.jpg

模型転倒虫さんの展示。
どれも清潔感のある仕上がり。いいなあ。

mieps16074s.jpg

Katsuさんと並ぶ、
三重県出身フルスクラッチの御大将、8マンさんのフルスクラッチF1。

クルマ以外は飛行機、AFV、ガンプラの作品がありましたが
画像を撮り損ねたので、飛行機と鉄道模型のみの紹介です。
(これまた撮り損ねてしまいました。すいません。)

mieps16083s.jpg
mieps16087s.jpgmieps16082s.jpg

こういうお店単位の展示会があちこちで開催されると
楽しいと思いますけど、皆様はどう思いますか?






三重プラモサミットに参加する(その2) [模型]

次にキャラクター物の作品を紹介します。
ガンプラを始めとして様々な作品が見られました。

mieps16029s.jpg
mieps16037s.jpgmieps16038s.jpg
mieps16044s.jpg
mieps16003s.jpg
mieps16046s.jpgmieps16051s.jpg
mieps16050s.jpgmieps16127s.jpg
mieps16128s.jpg

しかしベアッガイをベースにした作品のなんと多いことよ。
何が彼らをそこまでさせるのか...

mieps16002s.jpg
mieps16047s.jpgmieps16026s.jpg
mieps16017s.jpgmieps16018s.jpg

旧キットでファーストの一場面を再現。絵画的な表現が眼を引きます。

mieps16110s.jpg

こちらも塗装で暗闇の中の一瞬の光を再現。

mieps16042s.jpg

PGのユニコーンが同じブースに2つもありました。めらゴージャス。

mieps16049s.jpgmieps16111s.jpg

メカキングギドラとゴジラは有り物だと思いますが、
よくよく考えればこの東京都庁を作るのは大変なことだと思いますよ。

mieps16118s.jpg

私もこれが作りたくてベースジャバーとジェガン2つ買ってはいるのですが、
未だに手をつけることもなく...(悔しいです!)

mieps16025s.jpg

ガンプラ以外も沢山。

mieps16008s.jpg
mieps16010s.jpgmieps16036s.jpg
mieps16016s.jpgmieps16043s.jpg
mieps16019s.jpg

大河原邦夫模型コンテストで3位になった方が
その作品といくつかを展示されておりました。

mieps16065s.jpg
mieps16066s.jpgmieps16067s.jpg

プラモつくろーぜ会のリョータさんや、
「レッツトライビギナーズ」を連載されている伊藤霊一さんが、
モデルグラフィックスに掲載された作例を展示されておりました。
伊藤さんは三重県の方でしたのですね、知りませんでした。

mieps16053s.jpgmieps16063s.jpg
mieps16109s.jpg

mieps16054s.jpg
mieps16055s.jpgmieps16056s.jpg
mieps16124s.jpg

大事なことなのでくどくても書きますが、
会場内には紹介した作品以外にも素晴らしい作品達があったことは
記しておきます。(撮ったつもりが撮ってなかったり...)

今回は午前11時から午後6時までと約半日の開催でしたが、
来年は同じ海の日の連休の土日の2日間開催される予定みたいですよ。
今回は様子見の方も、次回は是非出展しての参加をお勧めします。

最後に主催のMiemoの皆様、
地元三重県にて模型イベントを開催していただきありがとうございます。
次回も微力ながらお手伝いできればと思っております。

おしまい