So-net無料ブログ作成
検索選択
まいまい ブログトップ
前の10件 | -

モデラーズミーティングin熊本に行く(補足その2) [まいまい]

今回の熊本遠征でとった宿は
ネットで検索したらお手頃のお値段のホテルが
熊本市街中心地からかなり離れた処
(熊本市ではなくてお隣の合志市だったよ)でした。

前夜祭の帰り道に乗ったタクシーの運転手さんと話しでは、
地震の復旧関係で多くの関係者が熊本県入りしているので
ホテルは結構満室っぽいということでした。

逆にそんなところを選んだせいで、
市内中心地への移動には、最寄駅の新須屋駅から
熊本電鉄を乗りまくったわけで。

kumamoto008s.jpg
kumamoto015s.jpg

以前から都営三田線の車両を使っていることは記憶しておりましたが、
銀座線の車両も使っていたとは知りませんでした。
第三軌条で集電していた地下鉄の車両が
パンタグラフをつけて地上を走っている姿は、初見ではなかなかの驚きです。
何より運賃が現金後払い方式なのがいつもと勝手が違って緊張します。

まあ、そんなこと思いながらも下熊本駅では
構内に置かれている車両も撮らせていただきましたゑ。

kumamoto017s.jpg
kumamoto021s.jpgkumamoto023s.jpg
kumamoto111s.jpg

ミーティング当日の朝は
1駅歩いて堀川駅までの途中の踏切で撮り鉄しつつ、

kumamoto090s.jpgkumamoto094s.jpg
kumamoto099s.jpg

上熊本駅からJRに乗り換え

kumamoto115s.jpg

JR熊本駅から会場の森都心プラザに行く前に、
市電で熊本城を見に行ったのは前回の日記のとおりなのです。

kumamoto117s.jpgkumamoto122s.jpg
kumamoto121s.jpgkumamoto135s.jpg

んで
ミーティングが終了して飛行機までの時間にはまだ間があるので、
JR熊本駅で来る電車や汽車を撮りつつ、

kumamoto142s.jpg
kumamoto143s.jpgkumamoto154s.jpg
kumamoto153s.jpg

再び熊本電鉄の上熊本駅から池田駅まで乗って
次の電車が来るまでに坂道やトンネルとかを撮りまして

kumamoto160s.jpg
kumamoto162s.jpgkumamoto175s.jpg
kumamoto168s.jpg

三度上熊本駅に着いたら、
今度は市電のB系統とA系統を乗り継いでJR熊本駅に戻りまして

kumamoto179s.jpg
kumamoto182s.jpgkumamoto193s.jpg
kumamoto190s.jpg

そこから空港行きのバスに乗り、
FDAで阿蘇くまもと空港から県営名古屋空港に飛び、
無事東海地方に戻ってきたとです。

そんなわけで
模型とそれ以外も楽しめた熊本遠征、
改めましてこのような機会を設けてくださった
主催者の皆様に感謝いたします。

おしまい






熊本電鉄菊池線「新須屋」キーホルダー 電車グッズ

熊本電鉄菊池線「新須屋」キーホルダー 電車グッズ

  • 出版社/メーカー: 赤い電車
  • メディア: おもちゃ&ホビー



熊本電鉄菊池線「池田」キーホルダー 電車グッズ

熊本電鉄菊池線「池田」キーホルダー 電車グッズ

  • 出版社/メーカー: 赤い電車
  • メディア: おもちゃ&ホビー



モデラーズミーティングin熊本に行く(補足その1) [まいまい]

そんなわけで、
3月18日から19日にかけて熊本県に行ってきたわけです。
今回はメラ久しぶりに飛行機というものに乗って行ったわけで、
FDAの往復の搭乗券をネットで予約して
行きは当然
愛知県小牧市の県営名古屋空港から阿蘇くまもと空港まで飛んだとです。

nagoya17016s.jpg

確か天気予報では熊本市は晴れと聞いておりましたが、
空港について市内に向かうバスに乗っている頃から雨が降ってきました。

kumamoto027s.jpg

ホテルにチェックインして荷物を降ろし、通町筋に移動。
前夜祭の開催時間までアーケード街を徘徊するとですよ。

kumamoto037s.jpg
kumamoto031s.jpg
kumamoto047s.jpg
kumamoto049s.jpgkumamoto051s.jpgkumamoto065s.jpg

熊本県に来たのは今回で3度目だと記憶しておりましたが、
市内中心部に来たのは初めてなのですよ、奥さん。
ちょうど年度末の卒業とか転勤の時期のせいか
あちこちで待ち合わせの集団とかありまして、
結構な賑わいでした。(自分が住んでいる処とは比べものにならないぢょ)

kumamoto068s.jpgkumamoto074s.jpg
kumamoto054s.jpg
kumamoto060s.jpgkumamoto077s.jpg
あちこちでパフォーマンスとか演奏もやっていたりして、すげえぜ。

次の日の天気はちゃんと(?)晴れまして
ミーティング開催時間の前に、やっぱりということで
熊本城を観に行きました。

平成28年4月の熊本地震の後は
当然ながら中には入れませんでしたので、
外周をぐるっと回って観るということになりますが、
天守閣や石垣が崩れている景色は、まあショックでしたわ。

kumamoto127s.jpg
kumamoto129s.jpgkumamoto132s.jpg
kumamoto134s.jpgkumamoto125s.jpg
kumamoto133s.jpg

思えば、街のあちこちで突然更地があったり
外壁が大きく傷んだ建物があったり
JRの高架線の車窓から見られる街並みに
ブルーシートで応急措置された屋根がいくつか発見したりすると
まだまだ被災復旧は先の話なんだと認識させていただきました。

補足その2に続く








ろうがんず展2017に行く(補足) [まいまい]

というわけで
平成29年になって初めて模型イベントを観に行ったわけですが、
そこはそれ、めったにしない関東地方への遠出という事で
展示会を行くまでと行った後はそれなりに徘徊したわけで。

横浜市はそりゃ何遍も行きましたが、青葉区は全然来た記憶はないわけで、
横浜市営地下鉄終点のあざみ野駅前や

yokohama1817s.jpg
yokohama1823s.JPG

東急田園都市線たまプラーザ駅の周りとかを軽く歩かせていただきました。

yokohama1849s.jpgyokohama1838s.jpg
yokohama1845s.jpg
yokohama1851s.jpgyokohama1854s.jpg

緩やかなアップダウンは、
ここが里山を切り開いて宅地化された土地であることを想像させます。

また、関東の鉄道は相互乗り入れが盛んで、
駅のホームで暫く時間を過ごすと色々な車両が入ってくるので
鉄分補給にはもってこいなわけで。

yokohama1868s.jpg
yokohama1824s.jpgyokohama1870s.jpg
yokohama1873s.jpg

そして
展示会を観終わった後、早いとこ三重県に戻りたかったのですが、
やっぱりせっかく横浜に来たのだからという事で(←貧乏性)
地下鉄を新横浜で降りずに横浜駅まで乗って
そこから東急東横線の白楽駅まで行き、六角橋商店街を一寸だけ徘徊したとです。

yokohama1877s.jpgyokohama1895s.jpg
yokohama1902s.jpg
yokohama1887s.jpgyokohama1888s.jpg
yokohama1909s.JPG

最後はやっぱり新横浜駅で新幹線を撮るのが作法です。(うそです)

yokohama1919s.jpg
おっと、N700系ぢゃあ~りませんか!?

そんな感じの日帰り旅行でしたとさ。
おしまい。




久しぶりに岐阜に行く [まいまい]

先日、ツイッターでフォローしている方のツイートで、
海外でこんな記事があったことを知り、先週の土曜日は
久しぶりに岐阜市に行ってきました。

大学生の頃はクルマで
長良川の堤防道路を走って2時間以上かかったと思いましたが、
今は高速道路(東名阪~名二環~名神~東海北陸)を走って
1時間弱で行けるのですよ。

んなわけで、東海北陸の岐阜各務原ICで降りて、
岐阜に住んでいた頃よく行ったビックマンでプラモデルを買って、その記事の場所に行ってみますた。

gifu308s.jpg

なんちゅうか、このカオス感は学生時代の頃から変わってませんが、
(クルマの配置は変わっている気がするけど)
営業は全然してないみたいですね。
確かこのお店のオーナーさんは、官民共同で開催していた
「コルモラー二」という自動車イベントの運営をされていた方々のお一人だと
記憶しているのですが、どないされているのでしょうか?

とか思いながら、次は柳ヶ瀬へ。

gifu318s.jpggifu336s.jpg

私が岐阜に住んでいた25年前から
郊外の大規模ショッピングセンターに押され気味でありましたが、
また一段と寂れているようで、なんともいえませんね。

gifu324s.jpg
gifu315s.jpg
gifu316s.jpggifu326s.jpg
gifu327s.jpg

この日は高島屋の前で、地域限定のアイドルが
代わる代わる歌って踊ってましたが、いつもやってるのかな?

gifu331s.jpggifu333s.jpg
gifu340s.jpg

柳ケ瀬を離れ、今度はJR岐阜駅前の玉宮町から住田町を徘徊したとです。

gifu345s.jpg
gifu347s.jpggifu357s.jpg
gifu358s.jpg

実はこの辺りはあまり来たことがなかったのですが、
服の問屋街のイメージが強かったので、
飲み屋さんが沢山あるのにちと驚きでした。

柳ケ瀬もそうでしたが、商店街の真ん中にマンションができたり
店が飲食店(というか飲み屋さん)ばかりになってくるのは、
四日市の商店街もそんな感じなので、どこでも一緒なのかなぁと。

nagoya16678s.jpg

とか色々考えながら帰路につきましたが、
一宮で名古屋都市高速に乗った処で思い出して、
四日市には戻らずに明道町ICで降り、円頓寺商店街近くの
ギャラリーblankaで、ノリタケの森ギャラリーでお世話になっております
小島豪さんと中井宏美さんの二人展
「どうにかこうにかで、おかげさま。」を観てきました。
(すいません、展示は終了しております)
小島さんは風邪を引かれて在廊されていなかったのが残念。
お大事に〜。

nagoya16681s.jpg

そんなわけで
久しぶりに東海3県を跨いで徘徊した1日でしたとさ。



横浜で実車と模型を楽しむ(その2) [まいまい]

赤レンガ倉庫をでた後は
すぐ近くの横浜港大さん橋の駐車場にカントリーマンを止め、
日曜日のイベントの準備のため荷物を降ろし、
まだ元気があったので、展示台を組んでおきました。

カントリーマンは駐車場にそのまま止めておき、
その日の宿には電車で行くこととします。
さすがにチョット疲れたので徘徊は控えめに、
みなとみらい線の駅に向かいます。

 yokohama1514s.jpg
ついさっきまであっちでイベントに参加していたのだな、と。

 yokohama1520s.jpg
 yokohama1525s.jpg
 yokohama1530s.jpg

宿はJR横浜駅近くにとりました。
とりあえず出る処が東口なのを西口に間違えたのはここだけの秘密。

 yokohama1534s.jpg
ホテルの窓から

チェックインした後
夕食を食べる場所を探しがてら、やっぱり近所を徘徊します。

 yokohama1536s.jpg
 yokohama1539s.jpg
 yokohama1541s.jpg

こういう道路が立体的に配されているのを見ると
都会に来たんななあ、と感じてしまいます。

 yokohama1544s.jpg
 yokohama1552s.jpg

国道1号の向こうに見える、横浜BAY QUARTERに向かいますよ。

 yokohama1560s.jpg
もうクリスマスツリーが建ってました。
 yokohama1564s.jpg

しかしまあおされでんなあ。
こんな処で生活する自分の姿なんて、全然イメージ湧きませんわ。
そんなことも思いながらBAY QUARTERを通過して、
橋を渡って対岸の日産グローバル本社ギャラリーに行きました。

 yokohama1567s.jpg
 yokohama1568s.jpg
 yokohama1570s.jpg yokohama1571s.jpg

自分が入った入り口近くにはプリンスと日産のR380が展示されておりました。

 yokohama1575s.jpg
 yokohama1576s.jpg yokohama1577s.jpg

海外で生産されているクルマは「DATSUN」ブランドで売られているのですね。
知らんかった。

 yokohama1585s.jpg

日産ギャラリーを通過して、横浜駅方面に戻ります。
途中そごうで明日使う付箋とかを購入して、
結局地下街の普通のお店で中華そばを食べて
(そういやその日の昼食は
 赤レンガ倉庫内の崎陽軒のサンマー麺だったことを思いつつ)
ホテル近くのコンビニで缶ビールと明日の朝食のパンを買って
部屋に戻りました。

続く





第54回静岡ホビーショーに行く(そのあと) [まいまい]

静岡ホビーショーもモデラーズクラブ合同作品展も
2日目の日曜日は午後4時で終了。
参加クラブの皆様、すぐに後片付けに入ります。

hs15252s.jpg

もう皆さん手馴れたもので、あっという間に撤収していくとです。
私達もちゃちゃっと片付けを終え、次回のイベントでもよろしくということで
周りのクラブのメンバーと挨拶を交わし会場を後にします。

私はその後JR静岡駅近くにクルマを止め、
静岡ホビースクエアで開催されていた「金子辰也ジオラマ展」を観に行きました。

hs15253s.jpg
hs15255s.jpg

金子辰也さんの作品はHJでの連載で初めて知りましたが、
その素晴らしさにめら驚いたことは記憶に残っています。
その時掲載された作品も展示されており、それを直に見られたことは
とても嬉しかったです。
しかしこれだけのダイオラマ、何所に保管しているのでしょ?

hs15256s.jpg
hs15263s.jpghs15262s.jpg
hs15259s.jpg
轟天号も作られていたのですね。知りませんでした。

ホビーショー〜ジオラマ展と模型づくしの雰囲気の余韻に浸りながら
しばし静岡市駅前をお土産を買いつつ徘徊します。

shizuoka885s.jpg

ちょっと抑えておきたかったのが両替町にある(あった?)「ちゃっきり横丁」。
ホビーショー開催中の土曜日に皆さんと飲みに行った時に気付いたのですが、
古くからあったと思う建物が半分無くなっていたので、明るいうちに
改めて観に行きました。

shizuoka888s.jpg

shizuoka585s.jpg
昨年まではこんな入り口でした。

これを機会に調べてみたのですが、
昭和32年に静岡県で国体が開催された時に繁華街にあった屋台が移動し、
いくつか横丁がつくられたそうです。

shizuoka901s.jpg
「青葉おでん街」もその1つね。

んで、建物の老朽化のため昨年の11月に閉店になったそうです。
ホビーショーで訪れた夜に結構中を通って「いつか入りたいな」とか
思っていたので残念でした。

shizuoka645s.JPGshizuoka588s.jpg
2012年頃の撮影です。

もう一つは
JR静岡駅の南口近くの飲み屋さんが集まった一角が
駐車場になっていたこと。

shizuoka903s.jpg

shizuoka678s.JPG
昨年は確かに全てのお店は閉まって荒れ放題でしたね。

shizuoka104s.jpg
2008年頃はお店も何件かやってました。

ここも昭和の雰囲気がいっぱいでしたので、ちょっと残念。

そんなことを思いながら静岡を後にし、三重県に戻りました。
来年も楽しめるといいな。

おしまい






金子辰也ダイオラマ・スタイルブック―35ミリタリーモデルズ・オン・ベース

金子辰也ダイオラマ・スタイルブック―35ミリタリーモデルズ・オン・ベース

  • 作者: 金子 辰也
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 大型本



プラモ インスト ブック: タミヤ1/35MM組み立て説明図No.001~070編

プラモ インスト ブック: タミヤ1/35MM組み立て説明図No.001~070編

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2013/05/16
  • メディア: 大型本



プラモインストブック2: タミヤ1/35MMシリーズ組み立て説明図集No.71~120編

プラモインストブック2: タミヤ1/35MMシリーズ組み立て説明図集No.71~120編

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2014/11/06
  • メディア: 大型本







第54回静岡ホビーショーに行く(前に) [まいまい]

というわけで
5月15日から17日にかけて、静岡県静岡市にて開催される
第54回静岡ホビーショーでのモデラーズ合同作品展に参加してきました。

今年は幸いなことに金曜日に休暇が取られましたので、
午前中にメガーヌに荷物を積み込んで四日市を出発、
東名阪〜伊勢湾岸〜東名と高速道路を乗り継いで東進します。

nagoya13504s.jpg
名港トリトンの名港東大橋ね

hamamatsu126s.jpg
浜名湖SAでは浜松餃子と富士宮やきそばを食べました。

もちろん早く出発したのは会場に一番乗りする為ではなく、
あちこち徘徊したいと考えていたわけで、
東名高速は吉田島田ICで下りまして島田市内を回ってみるとです。

shimada043s.jpg
当たらないとわかっていても潜る時に首をすくめる私は小市民。

JR島田駅近くの駐車場にメガーヌを止め、軽く市街地を歩きます。

shimada050s.jpg
正覚寺

shimada055s.jpg
shimada061s.jpgshimada060s.jpg
shimada059s.jpg
大井神社

shimada045s.jpg
shimada063s.jpg
お、模型店「少年科学社」発見!

shimada069s.jpg

できれば、9年前にここに来た時に見かけた映画館がどうなったのか
確認したかったのですが、場所が思い出せず分かりませんでした。

shimada033s.jpg
「みのる座」といいます

後でネットで調べたら、
平成22年に閉館して更地になったみたいです。残念。

shimada107s.jpg

んでもって、JR東海道線の大井川橋梁の下を覗きつつ

shimada093s.jpg

世界最長の木造歩道橋、蓬莱橋をちゃんと歩いて往復します。
(通行料100円也)

shimada075s.jpg

shimada088s.jpg
ど真ん中

shimada081s.jpg

9年前にここを渡った時は
途中見事に雨に降られてずぶ濡れになったとです。
今回は快適に渡りきることができました(結構疲れるけど)

そして国道1号のバイパスを使い、会場を超えて清水区へ。

shizuoka808s.jpg

ここでも駅前近くの駐車場にクルマを止め、
JR清水駅と静岡鉄道新清水駅の間を歩いて徘徊するとです。

shizuoka812s.jpg

shizuoka818s.jpg
ゲッツ!!

shizuoka820s.jpg
ホビーショップ発見!角にあるから「かどや」

shizuoka823s.jpg
小さな踏切を渡って新清水駅へ。

shizuoka831s.jpg

shizuoka826s.jpg
昔はここに路面電車のホームがあったんだよねえ。

shizuoka834s.jpg

再びJR清水駅方面へ。

shizuoka840s.jpg

shizuoka844s.jpg
今度はおもちゃ屋「コダカラヤ」。

shizuoka845s.jpg

こんな徘徊を楽しんでおりましたら
結構良い時間となってきましたので、国道1号で清水区から駿河区に移り、
ホテルにチェックインし、搬入の為会場のツインメッセ静岡に向かいました。

shizuoka849s.jpg
チョットだけ鉄分補給。

続く


大井川鐵道フォトさんぽ (玄光社MOOK ゆる鉄ガイド)

大井川鐵道フォトさんぽ (玄光社MOOK ゆる鉄ガイド)

  • 作者: 中井 精也
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2012/10/01
  • メディア: ムック



大井川流域の自然・文化・観光 (愛知大学綜合郷土研究所ブックレット)

大井川流域の自然・文化・観光 (愛知大学綜合郷土研究所ブックレット)

  • 作者: 安福 恵美子
  • 出版社/メーカー: あるむ
  • 発売日: 2015/04/20
  • メディア: 単行本



静岡県鉄道軌道史

静岡県鉄道軌道史

  • 作者: 森 信勝
  • 出版社/メーカー: 静岡新聞社
  • 発売日: 2012/10
  • メディア: 単行本



山梨市プラモデル作品展示会2013に行く(その6) [まいまい]

月曜日の朝はやっぱりいつもどおりの時間に起きてしまうわけで、
でも気分は日曜日で
「なんで日曜なのにZIPやってるねん?」と少し混乱もしながら起床。

DSC_3115s.JPG
ホテルの窓から富士山が見られました。いと嬉し。

まあ、そんなわけで
朝の8時頃にホテルをチェックアウト、さてどうしましょうかねえ。
当初カントリーマンで来ることを考えた際には月曜日は帰るだけの
つもりでしたが。

kofu254s.jpg

メガーヌならもうちょっと心に余裕があるので、
もうちょっと東進することにします。
というわけで、昨日は暗くなって撮る事ができなかった路地を撮影しつつ

DSC_3133s.JPG
勝沼ICより中央道にのりまして

tokyo4211s.jpg
そのまま首都高を走り東京へ。

tokyo4213s.jpg
外苑出口で一般道に降りました。
そして信濃町〜四ツ谷〜半蔵門と走って九段下へ。

tokyo4234s.jpg
靖国神社ではみたま祭りの時期だったので、参拝させていただきました。

tokyo4264s.jpg
そのあと市ヶ谷で某作品展を見学に行こうと入り口まできましたが
祝日は休館だったそうふで。
日曜日にもらったチラシをきちんと読んでおけばね。
これこそノープランの真骨頂でございます。(威張るところではない)

まあ、私は東京名物の路地と坂道を撮られればお腹一杯になるのだけどね。
tokyo4238s.jpg
tokyo4261s.jpg
tokyo4254s.jpg
tokyo4288s.jpg

しかし東京は暑いっす。メガーヌのメーターパネルの外気温は38℃を表示。

megane338s.jpg
エアコンも効いてる感がありません。殺す気か!!(←上島)
まあそんなことをいっても気温が下がるわけでもなし、粛々といきませう。

この後はいつも静岡ホビーショーやホビーフォーラムでお世話になっている
御大将のお宅にお土産を持っていくため

tokyo4291s.jpg
入道雲を目指して荒川を渡って

tokyo4300s.jpg
お土産を渡した後はスカイツリーを目標にまた荒川を渡ったとさ。

すぐに首都高にのって帰路につこうかと思いましたが
ガソリンが心もとないので出光のガソリンスタンドを探しつつ
中央区の辺りを徘徊。

tokyo4318s.jpg
tokyo4325s.jpg
tokyo4322s.jpg

ようやく見つけたGSでガソリンを満タンにした後は
銀座出入口から首都高にのり、用賀から東名高速に移り、
御殿場からは新東名を走り三重県に戻ります。

DSC_3308s.JPG
途中、ラリーレプリカに追い抜かれたり渋滞にもはまりながら

DSC_3310s.JPG

午後10時一寸前にようやく家に到着。
3日間で四日市〜東京間を2往復した週末でございました。
お世話になった皆様、改めましてありがとうございます。

おしまい








東京路地猫まっぷ

東京路地猫まっぷ

  • 作者: 一志 敦子
  • 出版社/メーカー: 日本出版社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本



江戸東京の路地―身体感覚で探る場の魅力

江戸東京の路地―身体感覚で探る場の魅力

  • 作者: 岡本 哲志
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2006/08/30
  • メディア: 単行本



山梨市プラモデル作品展示会2013に行く(その5) [まいまい]

会場を後にしてさあ帰路につくかと思いきやさにあらず、
月曜日も祝日でお休みでしたので、その日は甲府市に宿をとっておりました。
チェックインにてまずはシャワーで2日分の垢を落とし、
おみやげを買ったりや夕食をとるために、とりあえず甲府駅方面に。

DSC_3067s.JPG
kofu202s.jpg
kofu205s.jpg

城下町だけに路地が多くて嬉しくなってしまいます。

kofu211s.jpg

じつは猫がけっこういるのですが誰もかまってくれなかった。(ちっ)

DSC_3083s.JPG

商店街のアーケードは七夕の飾り。

kofu224s.jpg

お城の石垣を見ながら陸橋を渡って駅の北口方面へ。

DSC_3100s.JPG

「富士の国やまなし国文祭」のシンボルモニュメント「緑の龍神」なり。
んで駅ビルのお土産店でお土産を買った後、夕食をとる処を探しつつホテル方向へ。

DSC_3105s.JPG
DSC_3112s.JPG

お店を探しながらくねくねと路地を曲がりながら戻りましたが
これは!という処はなくて(私もあまり食には執着するものがないので)
結局コンビニでお弁当と缶ビールを買ってホテルに戻り
食べたら案の定あっという間にバタンキューでしたとさ。

小刻みに続く



とりあえず甲府で検索したら出てきたので




駿台甲府高等学校 25年春受験用 (山梨県私立高等学校入学試験問題集)

駿台甲府高等学校 25年春受験用 (山梨県私立高等学校入学試験問題集)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 教英出版
  • 発売日: 2012/10
  • メディア: 単行本



目的地に着く前に [まいまい]

先月、本業で東京に出張する機会がありまして
その時に目的地に着くまでの時間調整も兼ねまして(?)
品川駅で途中下車させていただきました。

tokyo3830s.JPG
ドレミファインバーター♩

JR品川駅から京浜急行に乗り換え、1駅先の泉岳寺駅で降ります。

tokyo3831s.JPG

はい、今回も坂道散歩でございます。
というわけで細い坂道を通って伊皿子坂をのぼります。

tokyo3833s.JPG
坂道沿いに家を建てるとこうなるのだという見本でんな

伊皿子坂を上りきると下りは魚藍坂となります。

tokyo3835s.JPG

魚藍坂を下りきる前にいい感じの細道があったので、
そっちを歩きます。

tokyo3839s.JPG
tokyo3841s.JPG

幽霊坂に到着。

tokyo3842s.JPG

幽霊坂の由来は坂の両側に寺院が並び、ものさびしい坂であるためとの
ことですが、歩いていると確かにお寺が多い。

tokyo3844s.jpg

そんなことも思いながらも狭い路地を抜け

tokyo3848s.JPG

三田の辺りまで来たところでUターンして高輪方面に向かいます。

tokyo3854s.JPG

そして今回の徘徊の目標でした、保安寺の参道に到着。

tokyo3857s.JPG
昔はここから海が見られたそうな

参道の階段というと
山の上にあるお寺に向かって登るというイメージがありますが、
ここの参道は坂の下にあるお寺に行く為というちょっと変わった雰囲気。

tokyo3858s.JPG

両側に植わったシュロの木とお隣の古い洋館がお寺の参道とは思えない
不思議な雰囲気を醸し出します。
冬の陽が当たってなんとなく穏やかな気持ちになりますな。

tokyo3872s.JPG

そんなええ感じになった後は
昭和8年(1933)12月28日に落成し保存建築物に指定されてます
高輪消防署二本榎出張所を眺めつつ、

tokyo3877s.JPG

また路地をくねくね歩きながら坂道を降りて、出発地点の泉岳寺駅に戻り
本来の目的地に向かいましたとさ。


今回も参考としたのはこの本なり

東京の階段―都市の「異空間」階段の楽しみ方

東京の階段―都市の「異空間」階段の楽しみ方

  • 作者: 松本 泰生
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2007/12/24
  • メディア: 単行本



前の10件 | - まいまい ブログトップ