So-net無料ブログ作成

第54回静岡ホビーショーに行く(前に) [まいまい]

というわけで
5月15日から17日にかけて、静岡県静岡市にて開催される
第54回静岡ホビーショーでのモデラーズ合同作品展に参加してきました。

今年は幸いなことに金曜日に休暇が取られましたので、
午前中にメガーヌに荷物を積み込んで四日市を出発、
東名阪〜伊勢湾岸〜東名と高速道路を乗り継いで東進します。

nagoya13504s.jpg
名港トリトンの名港東大橋ね

hamamatsu126s.jpg
浜名湖SAでは浜松餃子と富士宮やきそばを食べました。

もちろん早く出発したのは会場に一番乗りする為ではなく、
あちこち徘徊したいと考えていたわけで、
東名高速は吉田島田ICで下りまして島田市内を回ってみるとです。

shimada043s.jpg
当たらないとわかっていても潜る時に首をすくめる私は小市民。

JR島田駅近くの駐車場にメガーヌを止め、軽く市街地を歩きます。

shimada050s.jpg
正覚寺

shimada055s.jpg
shimada061s.jpgshimada060s.jpg
shimada059s.jpg
大井神社

shimada045s.jpg
shimada063s.jpg
お、模型店「少年科学社」発見!

shimada069s.jpg

できれば、9年前にここに来た時に見かけた映画館がどうなったのか
確認したかったのですが、場所が思い出せず分かりませんでした。

shimada033s.jpg
「みのる座」といいます

後でネットで調べたら、
平成22年に閉館して更地になったみたいです。残念。

shimada107s.jpg

んでもって、JR東海道線の大井川橋梁の下を覗きつつ

shimada093s.jpg

世界最長の木造歩道橋、蓬莱橋をちゃんと歩いて往復します。
(通行料100円也)

shimada075s.jpg

shimada088s.jpg
ど真ん中

shimada081s.jpg

9年前にここを渡った時は
途中見事に雨に降られてずぶ濡れになったとです。
今回は快適に渡りきることができました(結構疲れるけど)

そして国道1号のバイパスを使い、会場を超えて清水区へ。

shizuoka808s.jpg

ここでも駅前近くの駐車場にクルマを止め、
JR清水駅と静岡鉄道新清水駅の間を歩いて徘徊するとです。

shizuoka812s.jpg

shizuoka818s.jpg
ゲッツ!!

shizuoka820s.jpg
ホビーショップ発見!角にあるから「かどや」

shizuoka823s.jpg
小さな踏切を渡って新清水駅へ。

shizuoka831s.jpg

shizuoka826s.jpg
昔はここに路面電車のホームがあったんだよねえ。

shizuoka834s.jpg

再びJR清水駅方面へ。

shizuoka840s.jpg

shizuoka844s.jpg
今度はおもちゃ屋「コダカラヤ」。

shizuoka845s.jpg

こんな徘徊を楽しんでおりましたら
結構良い時間となってきましたので、国道1号で清水区から駿河区に移り、
ホテルにチェックインし、搬入の為会場のツインメッセ静岡に向かいました。

shizuoka849s.jpg
チョットだけ鉄分補給。

続く


大井川鐵道フォトさんぽ (玄光社MOOK ゆる鉄ガイド)

大井川鐵道フォトさんぽ (玄光社MOOK ゆる鉄ガイド)

  • 作者: 中井 精也
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2012/10/01
  • メディア: ムック



大井川流域の自然・文化・観光 (愛知大学綜合郷土研究所ブックレット)

大井川流域の自然・文化・観光 (愛知大学綜合郷土研究所ブックレット)

  • 作者: 安福 恵美子
  • 出版社/メーカー: あるむ
  • 発売日: 2015/04/20
  • メディア: 単行本



静岡県鉄道軌道史

静岡県鉄道軌道史

  • 作者: 森 信勝
  • 出版社/メーカー: 静岡新聞社
  • 発売日: 2012/10
  • メディア: 単行本



山梨市プラモデル作品展示会2013に行く(その6) [まいまい]

月曜日の朝はやっぱりいつもどおりの時間に起きてしまうわけで、
でも気分は日曜日で
「なんで日曜なのにZIPやってるねん?」と少し混乱もしながら起床。

DSC_3115s.JPG
ホテルの窓から富士山が見られました。いと嬉し。

まあ、そんなわけで
朝の8時頃にホテルをチェックアウト、さてどうしましょうかねえ。
当初カントリーマンで来ることを考えた際には月曜日は帰るだけの
つもりでしたが。

kofu254s.jpg

メガーヌならもうちょっと心に余裕があるので、
もうちょっと東進することにします。
というわけで、昨日は暗くなって撮る事ができなかった路地を撮影しつつ

DSC_3133s.JPG
勝沼ICより中央道にのりまして

tokyo4211s.jpg
そのまま首都高を走り東京へ。

tokyo4213s.jpg
外苑出口で一般道に降りました。
そして信濃町〜四ツ谷〜半蔵門と走って九段下へ。

tokyo4234s.jpg
靖国神社ではみたま祭りの時期だったので、参拝させていただきました。

tokyo4264s.jpg
そのあと市ヶ谷で某作品展を見学に行こうと入り口まできましたが
祝日は休館だったそうふで。
日曜日にもらったチラシをきちんと読んでおけばね。
これこそノープランの真骨頂でございます。(威張るところではない)

まあ、私は東京名物の路地と坂道を撮られればお腹一杯になるのだけどね。
tokyo4238s.jpg
tokyo4261s.jpg
tokyo4254s.jpg
tokyo4288s.jpg

しかし東京は暑いっす。メガーヌのメーターパネルの外気温は38℃を表示。

megane338s.jpg
エアコンも効いてる感がありません。殺す気か!!(←上島)
まあそんなことをいっても気温が下がるわけでもなし、粛々といきませう。

この後はいつも静岡ホビーショーやホビーフォーラムでお世話になっている
御大将のお宅にお土産を持っていくため

tokyo4291s.jpg
入道雲を目指して荒川を渡って

tokyo4300s.jpg
お土産を渡した後はスカイツリーを目標にまた荒川を渡ったとさ。

すぐに首都高にのって帰路につこうかと思いましたが
ガソリンが心もとないので出光のガソリンスタンドを探しつつ
中央区の辺りを徘徊。

tokyo4318s.jpg
tokyo4325s.jpg
tokyo4322s.jpg

ようやく見つけたGSでガソリンを満タンにした後は
銀座出入口から首都高にのり、用賀から東名高速に移り、
御殿場からは新東名を走り三重県に戻ります。

DSC_3308s.JPG
途中、ラリーレプリカに追い抜かれたり渋滞にもはまりながら

DSC_3310s.JPG

午後10時一寸前にようやく家に到着。
3日間で四日市〜東京間を2往復した週末でございました。
お世話になった皆様、改めましてありがとうございます。

おしまい








東京路地猫まっぷ

東京路地猫まっぷ

  • 作者: 一志 敦子
  • 出版社/メーカー: 日本出版社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本



江戸東京の路地―身体感覚で探る場の魅力

江戸東京の路地―身体感覚で探る場の魅力

  • 作者: 岡本 哲志
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2006/08/30
  • メディア: 単行本



山梨市プラモデル作品展示会2013に行く(その5) [まいまい]

会場を後にしてさあ帰路につくかと思いきやさにあらず、
月曜日も祝日でお休みでしたので、その日は甲府市に宿をとっておりました。
チェックインにてまずはシャワーで2日分の垢を落とし、
おみやげを買ったりや夕食をとるために、とりあえず甲府駅方面に。

DSC_3067s.JPG
kofu202s.jpg
kofu205s.jpg

城下町だけに路地が多くて嬉しくなってしまいます。

kofu211s.jpg

じつは猫がけっこういるのですが誰もかまってくれなかった。(ちっ)

DSC_3083s.JPG

商店街のアーケードは七夕の飾り。

kofu224s.jpg

お城の石垣を見ながら陸橋を渡って駅の北口方面へ。

DSC_3100s.JPG

「富士の国やまなし国文祭」のシンボルモニュメント「緑の龍神」なり。
んで駅ビルのお土産店でお土産を買った後、夕食をとる処を探しつつホテル方向へ。

DSC_3105s.JPG
DSC_3112s.JPG

お店を探しながらくねくねと路地を曲がりながら戻りましたが
これは!という処はなくて(私もあまり食には執着するものがないので)
結局コンビニでお弁当と缶ビールを買ってホテルに戻り
食べたら案の定あっという間にバタンキューでしたとさ。

小刻みに続く



とりあえず甲府で検索したら出てきたので




駿台甲府高等学校 25年春受験用 (山梨県私立高等学校入学試験問題集)

駿台甲府高等学校 25年春受験用 (山梨県私立高等学校入学試験問題集)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 教英出版
  • 発売日: 2012/10
  • メディア: 単行本



目的地に着く前に [まいまい]

先月、本業で東京に出張する機会がありまして
その時に目的地に着くまでの時間調整も兼ねまして(?)
品川駅で途中下車させていただきました。

tokyo3830s.JPG
ドレミファインバーター♩

JR品川駅から京浜急行に乗り換え、1駅先の泉岳寺駅で降ります。

tokyo3831s.JPG

はい、今回も坂道散歩でございます。
というわけで細い坂道を通って伊皿子坂をのぼります。

tokyo3833s.JPG
坂道沿いに家を建てるとこうなるのだという見本でんな

伊皿子坂を上りきると下りは魚藍坂となります。

tokyo3835s.JPG

魚藍坂を下りきる前にいい感じの細道があったので、
そっちを歩きます。

tokyo3839s.JPG
tokyo3841s.JPG

幽霊坂に到着。

tokyo3842s.JPG

幽霊坂の由来は坂の両側に寺院が並び、ものさびしい坂であるためとの
ことですが、歩いていると確かにお寺が多い。

tokyo3844s.jpg

そんなことも思いながらも狭い路地を抜け

tokyo3848s.JPG

三田の辺りまで来たところでUターンして高輪方面に向かいます。

tokyo3854s.JPG

そして今回の徘徊の目標でした、保安寺の参道に到着。

tokyo3857s.JPG
昔はここから海が見られたそうな

参道の階段というと
山の上にあるお寺に向かって登るというイメージがありますが、
ここの参道は坂の下にあるお寺に行く為というちょっと変わった雰囲気。

tokyo3858s.JPG

両側に植わったシュロの木とお隣の古い洋館がお寺の参道とは思えない
不思議な雰囲気を醸し出します。
冬の陽が当たってなんとなく穏やかな気持ちになりますな。

tokyo3872s.JPG

そんなええ感じになった後は
昭和8年(1933)12月28日に落成し保存建築物に指定されてます
高輪消防署二本榎出張所を眺めつつ、

tokyo3877s.JPG

また路地をくねくね歩きながら坂道を降りて、出発地点の泉岳寺駅に戻り
本来の目的地に向かいましたとさ。


今回も参考としたのはこの本なり

東京の階段―都市の「異空間」階段の楽しみ方

東京の階段―都市の「異空間」階段の楽しみ方

  • 作者: 松本 泰生
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2007/12/24
  • メディア: 単行本



まだ昨年の話をさせていただきます [まいまい]

まだまだ昨年書けなかったネタについて暫くおつき合いください。

何度も書いておりますが、昨年の11月は本業でとても忙しく
そのため副業の模型誌の作例もお断りもしたりして
心にも非常に余裕の無い状態でもありましたが、
その仕事の関係で10月に東京に出張する機会がありました。

業務自体は午後からの予定でしたので
こちらとしてはせっかくの上京、少し早めに三重県を出発し
都内を少しだけ徘徊させていただきました。(困ったもんです)

tokyo3619s.jpg
まずは本郷薬師。

今回徘徊に選んだ場所は文京区本郷です。
JR御徒町駅から都営地下鉄大江戸線に乗り換え、本郷三丁目駅で下車。
北東方面に歩くこととします。

tokyo3622s.jpg

本郷薬師の奥にある十一面観世音菩薩様。
ビルに囲まれた墓地と合わせて、何とも周りと違う雰囲気を醸し出しております。
んで、その先に行くと見事に行き止まりでしたので
一旦戻って別の路地を進みます。

tokyo3628s.jpg

いつもは自宅で調べてうろ覚えに徘徊するのですが
今回は本を片手に(但し地図は添付されてませんが)書かれている住所を元に
ある程度目標に向かって進みます。

tokyo3629s.jpgtokyo3635s.jpg

ちょうど等高線を描くように2本の路地が並走しておりまして
2本を繋ぐように好物の坂道や階段がいくつもありますので、
もう写真を撮りまくりです。

tokyo3639s.jpgtokyo3636s.jpg
tokyo3643s.jpg

またこの界隈は樋口一葉や宮澤賢治が住まわれた処で
樋口一葉旧居跡も目標の一つでありました。

tokyo3663s.jpg
もっともこちらは階段目当てですけどね

tokyo3648s.jpgtokyo3665s.jpg
tokyo3653s.jpg

いや〜
この時は久しぶりに路地の徘徊を楽しませていただきました。
この後春日町で昼食をとって、
東京メトロ丸ノ内線後楽園駅から午後の用務先に向かいましたとさ。


参考にしたのはこの本

東京の階段―都市の「異空間」階段の楽しみ方

東京の階段―都市の「異空間」階段の楽しみ方

  • 作者: 松本 泰生
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2007/12/24
  • メディア: 単行本



タモリのTOKYO坂道美学入門

タモリのTOKYO坂道美学入門

  • 作者: タモリ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/10/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



梅雨が明けたらしい [まいまい]

今週東海地方でも梅雨が明けたらしいけど
そんな週末は結構な雨だったわけで、
むしろ今週末よりべらぼうに暑かった先週末の連休の中日に
私はカントリーマンで名古屋に向かいました。

nagoya8981s.jpg

何件か模型店に寄って材料やキットを探しつつ
やっぱり夏といえば坂道だよね(?)と千種区の鹿子町とか自由が丘のあたりで
汗をふきふき写真を撮ってました。

nagoya8974s.jpg
nagoya8976s.jpg
nagoya8980s.jpgnagoya8986s.jpg
nagoya8985s.jpg
nagoya8990s.jpgnagoya8989s.jpg
う〜ん、この坂はカントリーマンにもちときついぢょ。

坂道を撮った後は鶴舞のコインパーキングにクルマを止め、
とりあえず大須方面へ歩きます。

nagoya8996s.jpg

ここでもキッズランドとかボークスとかに寄って
何か使えるものがないか考えつつ、路地を徘徊するとです。

nagoya8999s.jpg
nagoya9004s.jpg
とりあえず大須観音には参っておかねば。

nagoya9000s.jpg
これまた古いダットサン。

ダットサンを見たからではありませんが
大須から大津通を歩いて栄の日産ギャラリーを覗いてみたら
またケンメリが置いてあったので何枚かパチリとな。

kenmerry031s.jpg

隣にはでたばかりの新しいキャラバンが。

kenmerry046s.jpg
なんでわざわざこんな怖い系の顔つきにするのかねえ

ここからオアシス21を見つつ、コインパーキングまで戻ります。

nagoya9010s.jpg
下の広場ではフットサルのイベントやってました。

そんでもって名駅前をかすめつつ、帰路につくことにしました。

nagoya9026s.jpg
古い家屋を利用した飲食店がさらに改装中。

そういや名古屋のレオナルドは閉店しちゃったのね。
意外と電車で名古屋に行ったとき駅から歩いて行ける模型店って少ないのよねん。
その点でも閉店はとても残念でおます。

そんな事も考えつつ、というか
暑さでへろへろで何も考えられなくなりつつ、家に戻りましたとさ。

kuwana340s.jpg
神様〜

これで暫くはカントリーマンは夏期休暇です。

country504s.jpg



山梨市プラモデル作品展示会2012(その3) [まいまい]

yamanashi037s.JPG

1日目が終了した後は街の駅の近くの居酒屋での懇親会に参加させていただきました。
お話しいただいた皆様、ありがとうございます。

yamanashi042s.JPG

んで
次の日の朝、なぜか酔っ払った次の日は早く起きてしまうわけで
宿をチェックアウトして山梨市と甲府市をメガーヌで徘徊させていただきました。

yamanashi044s.JPG

東武鉄道をはじめとする24社にのぼる鉄道会社の経営に関係したので
「日本の鉄道王」と呼ばれた初代根津嘉一郎の実家「根津家」 の邸宅を
保存・公開する施設である根津記念館の辺りをぶらぶらとさせていただきました。

yamanashi045s.JPGyamanashi052s.JPG

もちろんまだ開館前で門も開いてませんでしたけどね。
んなわけで記念館の周りの桃畑やブドウ畑を見ながら細道をうねうねと。

yamanashi062s.JPG
yamanashi064s.JPG

続いてメガーヌを走らせて昨年撮り損ねた処を思い出しつつ、甲府市内の路地を探します。

kofu131s.JPG
kofu135s.JPG
kofu138s.JPG
JR身延線善光寺駅の近く。
kofu133s.JPG
丸窓がめら気になります。

kofu147s.JPG
JRのアンダーパスの向こうに大きな屋根が見えていたので気になって行ってみました。

kofu156s.JPG
長禅寺というお寺だそうで、これまたでらでかい門でございました。
本堂を観たくて奥まで歩いて行ったら犬に追いかけられました。(なんでやねん)

kofu160s.jpg
kofu167s.jpg

そこで撮り鉄もさせていただいていると開場時間も近づいてきたので
山梨市に戻りましたとさ。

あと一回続く


TOMIX Nゲージ 92824 113 1500系近郊電車 (横須賀色) 基本セットA

TOMIX Nゲージ 92824 113 1500系近郊電車 (横須賀色) 基本セットA

  • 出版社/メーカー: トミーテック
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ニューイヤーミーティング2012(その2) [まいまい]

イベント当日の朝。

tokyo3448s.jpg

昨年のイベントでは午前6時過ぎてから動き出して、
すっかり会場の設営が遅れてしまった記憶がありましたので、
今年は午前5時のまだ日も昇らないうちにホテルをチェックアウトして
会場に向かいました。

しかし、それでも会場に入るまでの道で大渋滞。
自分が入るまでにかなりの時間を要しました。
警察の方も大勢見かけましたが、
やらしいクルマが来ることを想定していたのかな?

nym12006s.jpg
お隣は三度同じ方でした。嬉しいっすねえ。

会場の指定の場所にクルマを止めて、
商品を拡げてからイベントが始まるのを待つ間に
いつもお世話になっていてオートジャンブルの方に出店されている
「小出茂鐘商店」の小出画伯や「Else design」の馬場さんに挨拶しつつ、
会場を一回りします。

nym12007s.jpg
nym12009s.jpg
おっと、こないだ作ったばかりのマツダ・サバンナでんがな。

nym12011s.jpg
nym12012s.jpg
めら奇麗なてんとう虫。

nym12013s.jpg
リアエンジンって結構興味があります。

nym12014s.jpg
ホープスターなんて、よくもまあこんなクルマが現存しているとは。
すげえぜ。

nym12019s.jpg
nym12018s.jpg
今年のコンクールのテーマがイタリア車という事で、フィアットやアバルトが。

nym12020s.jpg
nym12021s.jpg
もちろんアルファもあるでよ。
しかし、もっとイタ車が観られるのかと思いましたが、
そんなに台数があったようにはみられませんでした。
(まだ全てのクルマが出揃っていなかった時間帯だったかな?)

nym12024s.jpg
このシビックは中学時代の理科の先生が乗ってたなあ。

nym12025s.jpg
いすゞフローリアンはこれまた珍しい。

nym12028s.jpg
フジミのキットで作れと言わんばかりのローレルですな。

nym12040s.jpg
アメリカ初の小型車(?)ナッシュ・メトロポリタン。

nym12036s.jpg
私のカントリーマンの対面はこれまた奇麗なダットサンのトラックでした。

という感じで、イベント会場は1周したきりで
後は殆ど自分のスペースに張り付いておりましたとさ。

しかし
今年は会場の外で五月蝿く走るクルマの音がよ〜け聞こえましたな。
自分で自分の首を絞めてるのが解らんのかな?

nym12033s.jpg

イベント中は多くの方が立ち止まっていただき、
貧弱な品揃えの中から商品を買っていただき、ありがとうございます。
いつもお世話になっているネコパブの鵜飼さんや長尾さん、
ホビーフォーラムでお世話になる湘南モデルカー愛好会の方も
立ち寄っていただき嬉しかったです。

お陰さまで結構な売り上げでしたが、過去2年よりは少なめでした。
とはいうものの、お店ではないので品揃えを変えるわけにもいかず。
今後もこのままいくとです。

nym12041s.jpg

そんなこんなでイベントも終了。
晴れてはいたものの、風が強くて1日中の屋外は体力を消耗しますな。
撤収作業をすませ、再び小出画伯や馬場さんやネコパブの鵜飼さんに挨拶をして
会場を後にします。

tokyo3454s.jpg
有明テニスの森駅の辺りから

外に出ますと、湾岸線やレインボウブリッジ方面に向かうクルマで
これまた渋滞していたので、行き道と同じ晴海大橋を渡り、

tokyo3460s.jpg

勝どき橋を渡って、首都高の銀座ICから入って東名高速に向かう事にしました。

tokyo3468s.jpg

浜崎橋JCTから都心環状線に入るとです。

tokyo3473s.jpg

渋谷までは順調でしたが、そこから渋滞と情報が出ていたので
渋谷で一旦首都高を降り、念のため給油をした後、

tokyo3484s.jpg

国道246号〜環八〜用賀で東名高速で約6時間かけて四日市に戻りました。
疲れましたが色々あって嬉しくも悲しい週末でした。

おしまい



追伸
落としたレンズは修理にでして今週直って戻ってきました。

ニューイヤーミーティング2012(その1) [まいまい]

これまたほぼ1月遅れの話ですが、
1月29日に東京で開催されたJCCAニューイヤーミーティングに
カントリーマンで参加してきましたので、その顛末おば。

出発は前日の土曜日の午前10時頃。
今年もフリマブースでの参加なので、助手席にまで荷物を積み込んで
後方視界がほぼ皆無の状態で走り出し、高速道路に乗るとです。

country491s.jpg
こんな感じ

本当なら
四日市JCTから新名神にのりたいところでしたが、
商品を入れる紙袋とかが切れていましたので
東名阪〜名古屋都市高速で名古屋市内に入り、
長者町のシモジマで紙袋とかいろいろ買い込んで、
再び都市高速〜東名高速名古屋ICを通って東進します。

途中

makinohara023s.jpg

牧ノ原の辺りで奇麗なディーノの後ろを付いて行ったり、

yui098s.jpg

ガソリンを補給するため一旦清水ICで高速を降りて
由比の細道をゆっくり走ったり、

gotenba044s.jpg

沼津ICから再び東名高速に乗った御殿場辺りでは雪に降られたり、

mini038s.jpg

あまりに眠くなって途中寄った中井PAでは、
同じく明日のイベントに参加されるというカントリーマンと遭遇したりと、
(これまた嬉しい)順調にクルマを進めて行きました。

yokohama960s.jpg

しかし今回、横浜ICで高速を降りて首都高速を使い
宿を取った有明まで行く事を考えておりましたが、
海老名SAを越えた辺りから横浜ICで降りるクルマの車線だけが渋滞。
そこはあきらめて東京ICまで高速を走る事とします。

yokohama962s.jpg

トイレ休憩で寄った港北PAではディズニーのバスが。
ディズニーさんの本気度はいつもすごいねえ。

というわけで用賀で環八に乗って、
今日2回目の給油をした後、羽田ICから首都高に乗り
素直に昭和島で湾岸線に移れば良いものの、
やっぱりレインボウブリッジを渡りたいな、と
スケベ心を出してしまったのが運のつき。
羽田線を走っていたのはいいものの、芝浦で首都高を降りそびれて
結局降りたのは木場でした。(どこまでいくねん)

tokyo3393s.jpg

そんなわけで、清澄通りを月島、勝どきの辺りを走り
晴海大橋を渡って、ようやく有明のホテルに到着しました江。

tokyo3398s.jpg
毎度ホテルの窓から。

んで、
夕食をとるついでにお台場辺りの夜景を撮ろうとカメラと三脚を担いで
ゆりかもめに乗りましたが、その時にカメラを床に落としてしまい
レンズのAFが動かなくなってしまいました。

めらショックです。
なんか東京に来るたびになにか壊している気がします。
それでも悔しいので、MFでお台場の夜景を何枚か撮ります。

tokyo3404s.jpg
tokyo3425s.jpg
tokyo3415s.jpg

しかし、風が強くて三脚据えてもカメラが揺れまして、
結構失敗が多かったです。(もちろん私の腕もありましょうが)

そしてコンビニで今日の夕食と明日の朝食を買ってホテルに戻り、
ビールを飲んで眠りにつきました。

さて明日はどうなることやら。
続く

ホビーフォーラム2011(の前にその3) [まいまい]

スカイツリーを見上げる事しばし、
少し日も傾いてきたのでクルマを止めたところに戻る事とします。

tokyo3025s.jpg
神様〜

今回は浅草寺の辺りはすっぱりパスして戻るつもりが

tokyo3028s.jpg
タ、タイガービル!?

うろうろきょろきょろしながら自転車を転がしていたら、

tokyo3034s.jpg

なぜかJR浅草橋駅まで来てしまいました。
これはまぢで道に迷ってしまいました、困った。
とか思いながらも

tokyo3039s.jpg
おかず横町とか

tokyo3044s.jpg
tokyo3046s.jpg

雰囲気のある中華料理屋さんとか撮りつつ、
なんとかメガーヌを止めたところまでたどり着きました。
いやいや、一寸焦りました。

そんな感じで思ったより時間を喰ってしまったので(←自業自得)
そろそろ今夜の宿に向かう事とします。

tokyo3050s.jpg
水道橋の東京ドームの端を通って。

tokyo3056s.jpg
東京駅の丸の内の駅舎の丸屋根がちらり。
復元は着々と進んでいます。

箱崎JCT(ここも夜景を撮りたいんだけどねえ)から首都高深川線に乗り、
辰巳JCTから湾岸線を走り、横浜方面に向かいます。
宿は鶴見駅近くにとったので、汐入で降りたのですが、
まだチェックインの時間には早いので
川崎の工業地帯の夜景を撮ってみようと、産業道路をちょっと戻り
あちこちクルマを止めては撮影ポイントを探します。

kawasaki013s.jpg
kawasaki031s.jpg

結局千鳥橋の辺りで三脚を拡げ撮影しましたが、
もうちょっと事前にポイントを調べておくべきでしたなと、ちと反省。

そんなところで
すっかり夜も更けてきましたので、再び産業道路を走って
鶴見のホテルにチェックイン。近くのラーメン屋で汁なし担々麺を食べて
ベットで横になったとたん眠ってしまいましたとさ。

次からようやく本編です。


続く




工場萌え

工場萌え

  • 作者: 大山 顕
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2007/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



工場萌えF

工場萌えF

  • 作者: 石井 哲
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2009/02/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)