So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オートモービルアート展2018開催されました [クルマ]

というわけで、第13回を数えますオートモービルアート展を8月21日から26日の6日間、名古屋市西区のノリタケの森ギャラリーで開催させていただきました。

amaex18147s.jpg
amaex18119s.jpgamaex18123s.jpg
amaex18135s.jpg

おかげさまで会期中に約900名の方が、連日の猛暑や台風第20号の接近に伴う悪天候の中、ご来場いただきました。改めましてありがとうございます。これをお目当てで来られた方、たまたま寄られた方それぞれに何かのキッカケになればこれ幸いでございます。

amaex18140s.jpg
いやホンマ暑かったっす

それでは、出展された皆さんの展示を紹介させていただきます。
藍原康雄さんは昨年に引き続き透明の板に写真をプリントしたものを展示。後ろからも前からも観られました。
amaex18009s.jpg

透視図の御大将、大内誠さんは会期中はアメリカペブルビーチで開催されたAFASに参加のため本人は欠席でした。
amaex18014s.jpg
amaex18042s.jpg

小島豪さんは陶器のクルマのオブジェを展示。
amaex18012s.jpg
amaex18023s.jpg
amaex18030s.jpg
amaex18031s.jpg

小出重鐘さんは25、26日はライブドローイングを実施。また次のイベントで続きを描かれることでしょう。
amaex18069s.jpg
amaex18070s.jpg
amaex18130s.jpg
amaex18131s.jpg

松岡正記さんはイラストとダイオラマを展示。
amaex18073s.jpg
amaex18064s.jpg
amaex18032s.jpg
amaex18029s.jpg

牧田哲郎さんは過去に制作された版画の版木や元絵を展示されると共に、コレクションの切手やミニカーも展示されておりました。
amaex18074s.jpg
amaex18081s.jpg
amaex18046s.jpgamaex18047s.jpg

馬場和美さんはスタイリッシュなCGイラストを展示。
amaex18034s.jpg
amaex18035s.jpg
amaex18065s.jpg

村瀬誠さんは繊細な水彩画を展示。
amaex18079s.jpg
amaex18041s.jpg
amaex18087s.jpg

山田ジローさんは制作過程も含めた透視図を展示。
amaex18036s.jpg
amaex18037s.jpg
amaex18039s.jpg

んでもって私は模型完成品を展示。
amaex18043s.jpg
amaex18155s.jpg
amaex18061s.jpgamaex18157s.jpg

次回は季節を変えて6月4日(火)から9日(日)開催の予定です。そして最終日は同敷地内で「クラシックカーフェスティバル」も開催の予定です。

DSC_2345s.jpg
これは今年のフェスティバルの様子です

次回開催の際も皆様のご来場をお待ちしております。


nice!(5)  コメント(0) 

明日からオートモービルアート展2018始まります [クルマ]

今日は明日から開催されます、オートモービルアート展#13の搬入をさせていただきました。

amaex18001s.jpg

会場のノリタケの森ギャラリーに備え付けの机やパーテーション等を配置し、各自作品や商品を並べていくとです。

amaex18007s.jpgamaex18013s.jpg
amaex18009s.jpg
amaex18016s.jpgamaex18017s.jpg
amaex18023s.jpg

午後5時頃には概ね作業は完了。明日からの開催を待つのみとなりました。

amaex18019s.jpg
amaex18027s.jpg

会期中は台風の接近による天候が心配されますが、年に一度のクルマアートの祭典、是非ご来場ください。出展者一同お待ちしております。

第13回オート・モービル・アート展2018
開催日:2018年8月21日(火) ~ 2018年8月26日(日)

出展者:
版画:牧田哲明  写真:藍原康雄  陶芸:小島豪
モデルアート:棚瀬和重  ジオラマアート:松岡正記
テクニカル・イラストレーション:大内誠/山田ジロー
絵画・イラストレーション:小出茂鐘/馬場和実/村瀬誠

amaex2018s.jpg
nice!(5)  コメント(0) 

第13回オートモービルアート展2018のお知らせ [クルマ]

amaex1801s.jpg

クルマをテーマに東海地方で活躍するアーティスト達(もちろん私は含まず)が一堂に会するオートモービルアート展が今年も開催されます。場所はもちろん名古屋市西区のノリタケの森ギャラリーでございます。

AUTOMOBILEART EXHIBITION 2018(#13)
会場:ノリタケの森ギャラリー
(〒451-8501 愛知県名古屋市西区則武新町3−1−36)
開催日:平成30年8月21日(火)〜8月26日(日)
開館時間:10:00〜18:00(最終日は16:00まで)

メンバー
藍原康雄  大内誠   小島豪
小出茂鐘  松岡正記  牧田哲明
馬場和実  村瀬誠   山田ジロー  棚瀬和重

amaex2018s.jpg

いやぁ、今年もそんな時期になってきたのですねえ。(ぢつは毎年この時期に開催してるわけではなひのですが)
んでもって、昨年の様子を知りたいという御貴兄には去年の私の記事でも見ていただけると幸いです。

amaex17098s.jpg
amaex17125s.jpg

また昨年同様、お隣の第2ギャラリーでも落合匡暢さんと加藤勝也さんによるクルマをテーマにした作品展「オートモーティブアート展」が開催されます。

この週はクルマとアートの世界にどっぷり浸ってみてください。
皆様のご来場をお待ちしております。



nice!(2)  コメント(0) 

ミラフィオーリ2018に棚瀬模型店、出張する [クルマ]

東海地方が梅雨入りし、台風第5号が日本列島に接近しつつあった6月10日の日曜日に、愛知県長久手市のモリコロパークで開催されたヨーロッパ車のイベント、ミラフィオーリに「棚瀬模型店」今年2回目の出店をしてきました。

まあそんなわけで、その日の天気予報は雨時々曇りと、なかなかのバットコンデションが予想される朝5時半過ぎに四日市を出発。

mirafi18001s.jpg
メガネ君に荷物を積み込んだ土曜日はいい天気だったのにねぇ

まあ早朝という事もあって渋滞にはまることもなく、搬入開始時間の午前7時より前に会場のモリコロパーク西駐車場に到着できたとですよ。

mirafi18002s.jpg
まだこの頃は雲の隙間からお日様がチラ見できたとです。

午前7時を回り、スタッフの誘導で出店場所までクルマを移動し、早速開店の準備をします。まあ午前9時を回る頃には商品も並べ終わり、暫時営業開始となりまする。

mirafi18019s.jpg
今回は悪天候を考慮してターフのサイドシートも用意したとですよ。

今回はルノー120周年記念という事で、ルノー限定の駐車エリアが設けられましたが、お店を離れるわけにもいかず、そちらは覗けずじまいでした。(残念)

mirafi18008s.jpg

そんなところで午前10時となり、開会式がメインテント前で始まり、参加者の集合写真とか撮られてますよ。

mirafi18016s.jpg

自分達が出店している場所は、ルノー以外の参加車が駐車しているエリアにありますので、お店の近くにいるクルマを撮影させていただきましたゑ。

mirafi18031bs.jpg
mirafi18018bs.jpgmirafi18020bs.jpg
mirafi18005bs.jpg
mirafi18021bs.jpgmirafi18022bs.jpg
mirafi18027bs.jpgmirafi18029s.jpg
mirafi18030bs.jpg

モータージャーナリストの嶋田智之さんとチンクェチェント博物館館長の深津浩之さんとミラフィオーリレディの早川あゆ美さんのトークショーが会場を回りながら午前と午後に行われる予定でしたが、

mirafi18026s.jpg

午後1時を過ぎた頃に雨が降り出しまして、

mirafi18025s.jpg

午後のトークショーは屋根の下で行われるという事もありましたが、雨は本降りになることもなく、ミラフィオーリスタイルコンテストということで、スーパーカー、カスタム、ファン、ファミリー+ルノーの5カテゴリーで優秀車両の表彰があり、最後はじゃんけん大会で盛り上がった処で、3時30分を過ぎたころイベントは終了いたしました。

お陰様でお客様が途切れることなく訪れていただき、売り上げもそこそこございまして、次に繋げること(?)ができます。お買い上げいただいた皆様、覗いていただいた皆様、そしてこのような場をご提供いただいた主催者の皆様には改めてありがとうございます。


nice!(4)  コメント(0) 

棚瀬模型店今年2回目の出店のお知らせ [クルマ]

来週の週末、6月10日の日曜日に愛知県長久手市のモリコロパークにて開催される欧州車のイベント、「ミラフィオーリ2018」に棚瀬模型店、出店いたします。

会場はモリコロパークの芝生広場という絶好のシチュエーションで、車両コンテスト、トークショー、大抽選会等々、色々な催しが一杯で、フリマやクルマ関係のショップブースもあったりして、1日楽しめるイベントであること必須でございます。

mirafi17003s.jpg
mirafi17006bs.jpgmirafi17008bs.jpg
mirafi17013s.jpg
mirafi17020bs.jpgmirafi17022bs.jpg
mirafi17021bs.jpgmirafi17007s.jpg
mirafi17016bs.jpgmirafi17026bs.jpg
mirafi17023s.jpg

昨年の会場の風景はこんな感じ。(ただし終了間際)

主催者におかれましては、ありがたいことに当方の出店についても紹介していただき、ありがたくてなんやらこちょばゆい感じでございます。

ぢつはこの週末は、愛知県豊川市のミニチュアワールドカフェで大人たちのミニチュアカー展があったり、ポートメッセ名古屋で名古屋ノスタルジックカーフェスティバル2018が開催されたりと、イベントが目白押しなのです。えらいこっちゃぁぁ。

皆様にはこの土日は2日間イベントのはしごをしていただき、日曜日はモリコロパークに訪れていただけると幸いでございます。

追記
6月10日の名古屋市鶴舞公園では「BRITISH CLASSIC CAR MEETING 2018」も開催されるみたいです。もう街は大騒ぎさ。



愛・地球博185days―保存版報道写真集

愛・地球博185days―保存版報道写真集

  • 作者: 中日新聞社
  • 出版社/メーカー: 中日新聞社
  • 発売日: 2005/10/01
  • メディア: 大型本


nice!(3)  コメント(0) 

Ciao!2018に棚瀬模型店、出張する [クルマ]

というわけで4月8日の日曜日、京都府船井郡京丹波町の丹波ワインにて開催されました「Ciao! 2018」に棚瀬模型店、出張してまいりました。そんなわけで、開催前日の土曜日にメガネ君に商品を詰め込み、日曜日の朝は会場に午前8時入りを目指し、四日市を午前6時頃出発したとですよ。

yokkaichi5565s.jpg
寒いと思ったら、御在所山に雪が積もっているぢゃあ~りませんか

東名阪四日市ICから高速を走り、

koga033s.jpg

亀山JCTからは新名神を、草津JCTからは名神をひた走り、大山崎JCTから京都縦貫道を丹波ICまでと、会場までは殆ど高速道路だけで行けてしまうとです。

kyoto792bs.jpg

予定通り午前8時過ぎに会場に到着。馬場さんと小出画伯は先に到着してお店の準備をしていましたので、私のその隣でテントを広げ、開店準備をするとです。

chao18004s.jpg
左から小出画伯、馬場さん、そして私。

お店を長時間離れるわけにはいけませんので、そこから見られる範囲+αでしかイベントの様子は掴めませんが、久々のイタリア車メインのイベント、楽しませていただきました。

chao18022s.jpg
chao18026s.jpg
chao18025s.jpg
chao18024s.jpg

Fiat Abarth 1000SPはエンジンも観られて嬉しいな。

chao18012s.jpg
chao18030bs.jpg
chao18032bs.jpg
chao18034bs.jpg

chao18011s.jpg

いつもはVWのマークをアバルトに換えて来られるカフェ・ハインケルさんは今年はアルファロメオに換えての登場です。

chao18021s.jpg

私の隣は京都のバイク屋レオ・タニモトさんが最新のベスパを展示しておりました。どれも原付以上の排気量(手前から125、150、300cc)なので、私は乗られんとです。

chao18040s.jpg

そのまたお隣は京田辺市の輸入車ショップエアフォルクさんでは、ぺったんぺったんのチンクが展示されてました。

お店の場所は会場の一番上にありましたので、来場される皆様が止まる駐車場を見下ろす形になりまする。そちらを見て回るのも楽しめそうです。

chao18038s.jpg
chao18018bs.jpg
chao18037bs.jpg
トゥクトゥクまで来てますやん!?

お陰様で会場での売り上げもそこそこございまして、お買い上げいただきました皆様、誠にありがとうございます。

chao18013s.jpg

午後4時にイベントは終了。テントや商品をメガネ君に積み込んで、小出画伯や馬場さんにご挨拶して会場を後にさせていただきました。主催者の方々にはこのような場をご提供いただきありがとうございます。次回もよろしければお誘いいただけると嬉しいです。

おまけ

cherryb18696bs.jpg

帰り道では散り際の桜を少しだけ楽しませていただきましたとさ。

おしまい

nice!(6)  コメント(0) 

棚瀬模型店出張のお知らせ [クルマ]

chao2018.jpg

今週末の日曜日の4月8日、京都府船井郡京丹波町の丹波ワインにて開催されますアルファロメオ京都さん主催のイベント、「Ciao! 2018」に棚瀬模型店、出張いたします。
一昨年に開催直前に会場にどたばたがあってお流れになってしまい、去年はお休みになっちゃったこのイベント、今年はゆっくりまったりと過ごせるといいな。

ciao16a023bs.jpgciao16a024bs.jpg
ciao16a026bs.jpgciao16a044bs.jpg
というわけで、一昨年のchao! Autunnoの風景でおます。

毎年Automobaile Art Exhibitionでお世話になっております、馬場和美さんの「ELSE DESIGN」や小出画伯の「小出茂鐘商会」も出店されるとです。
お近くの方もそうでない方も是非ご来場くださいませ。



nice!(3)  コメント(0) 

今年初めてのクルマイベントに行く [クルマ]

皆様、今年も残すところあと約350日、いかがお過ごしでしょうか?

DSC_0688s.jpg
今年も唯一旧マックだけが新年の挨拶を交わせてくれます。

私は昨年末から年始の休みを使って、久しぶりにいただいた某自動車模型専門誌の仕事を進めさせていただきました。そいでもって、2018年の最初のクルマイベントに参加しようと思い、1月8日の日曜日の朝カントリーマンを始動させましたゑ。

yokkaichi5462s.jpg
午前7時に四日市を出発、東名阪四日市ICに向かうとです。

参加するイベントは、自分としてはほんに久しぶりのミニのイベント「New Year Mini Meeting 2018」でございます。というわけで、東名阪〜新名神〜名神〜阪神高速と高速道路をひた走ります。

kameyama084s.jpg
亀山JCTの辺り、来年は右の建設中の新名神から関西方面に行けるとですよね?

会場への地図をうろ覚えで走ったので、途中高速を降りるところを見失ったこともあり、3時間少し超えたところで会場の神戸総合運動公園駐車場に到着。スタッフの指示によりカントリーマンを止めます。

nymm18001s.jpg

会場の入り口から向かって右がサルーン、左が長モノに仕分けられ、頭を揃えて並べられたミニの列はなかなかに壮観です。主催者発表によりますと過去最高の463台の来場車数だったそうですよ。

nymm18008bs.jpg
nymm18010s.jpgnymm18009bs.jpg
nymm18013bs.jpgnymm18053bs.jpg
nymm18048bs.jpg
nymm18054bs.jpgnymm18014bs.jpg

ミニの仲間も参加されてました。

nymm18012s.jpg

nymm18028s.jpg
nymm18036bs.jpgnymm18004bs.jpg
nymm18027s.jpg
nymm18044s.jpg

nymm18051bs.jpg
VTECの入ったミニ。どんな動きをするのでせうか?

nymm18055bs.jpg
80年代のドノーマルのミニ1000HF(もしかして日英自動車モノかな?)

nymm18034s.jpg
私の2台隣に止まったカントリーマンはサンルーフが付いていました。当時から純正であったのかな?

nymm18023bs.jpg

駐車区画内でのフリーマーケットは自由ということで、区画一杯にミニカーを並べさせていただき、「棚瀬模型店」も始動させていただきました。(側から見ると少し大人気ないかな)
あまりミニの品揃えがない中での販売でしたが、それ以外のミニカーが結構売れましてなかなかの売り上げでございました。お買い上げいただいた皆様、ありがとうございます。

会場では大抽選会や靴飛ばし大会やアーティストのミニライブ等々色々行われておりまして、ミニ乗り以外の方にも楽しんでおられるようでしたが、私は午後3時を回ったところで会場を後にさせていただきました。主催者の皆様にはこのような楽しい場を作っていただき、ありがとうございます。

kobe094s.jpg

思ったより気候が良くて助かりましたが、結構体が疲れていましたので、神戸市内でカントリーマンに給油した後は寄り道せずに家に戻りました。やっぱ鍛えてないなあ。





nice!(5)  コメント(0) 

SUZUKA Sound of Engine 2017に行く(その3) [クルマ]

前々回の記事にも書きましたが、18日の土曜日は雨だったので、各クラスでコースに上がらなかったクルマも何台かありました。そんなあまりよろしくないコースコンディションのなか走っていただいたクルマの画像でおます。

sofe17077s.jpgsofe17082s.jpg
sofe17086s.jpg
sofe17098s.jpg

当時、レギュレーション違反とされ、決勝レースに出走できなかったロータス88Bがコースを走る姿は感動ものですな。

sofe17119s.jpgsofe17215s.jpg
sofe17206s.jpg
sofe17233s.jpgsofe17236s.jpg
sofe17473s.jpg
sofe17477s.jpg

ここまでがマスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1ということで、北米やヨーロッパでは本家F1GPのサポートイベントとしても開催されているそうです。
次がレジェンド・オブ・フォーミュラ1でしたが、私がスタンドにいたときには2台のみの走行でした。

sofe17123s.jpg
sofe17126s.jpg

グループCカーではマツダ787B&767Bが走っている姿を観たかったのですが、解説者さんがレインタイヤがないとかいうてました。片山右京さんの運転するトヨタTS010が走行時間帯を目一杯使ってコースを楽しそうに走らせていたのが印象的でした。

sofe17253s.jpg
sofe17257s.jpgsofe17348s.jpg
sofe17357s.jpg
sofe17409s.jpg

ヒストリック・フォーミュラ・レジスターは1960年代のF2以下が走行するジェントルレース。

sofe17536s.jpg
sofe17539s.jpgsofe17541s.jpg
sofe17548s.jpgsofe17552s.jpg
sofe17562s.jpg
sofe17641s.jpg
sofe17662s.jpgsofe17672s.jpg
sofe17698s.jpg

走行するクラスは他にもあったのですが、自分がタイムスケジュールを把握していなかったこととか、自分たちのパレード走行の待機の為スタンドに行けなかったとかで全然観られんかったとです。
また、チケットを買えばグリッド&ピットウォークもできたのとか、事前に調べとけばなと思うところもありますが、一方でイベントに参加しているのだからもう一寸自分たちにインセンティブがあってもいいんぢゃない?とかも思ったりするのは私の心に余裕が無いせいですかね。

sofe17730bs.jpg
待機していたら雨も上がって日が差してきましたが

んで、その日の最後が自分達が走行するタイムトラベルパレードだったのですが、時間が押してコースに入った時にはもう日が暮れてしまいました。スタンドで観られた人は何が走っていたのか解ったのでしょうかねえ。
パレード走行している私はコースを結構なスピードで走られましたし、楽しめましたよ。

私達はコースを1周し逆バンクコーナーの辺りでコースから出て、私はそのままサーキットを後にしました。

次回参加の際はもうちょっと事前情報を確認してイベントを楽しみたいですね。

おしまい





nice!(5)  コメント(0) 

SUZUKA Sound of Engine 2017に行く(その2) [クルマ]

クルマをGPスクエアに止め、まずはパドックの方に行きました。
ピットレーン側には入れないので、裏側から覗くカタチとなりますので自ずから画像はクルマのお尻ばかりになるとです。

sofe17005s.jpg
sofe17004s.jpgsofe17012s.jpg
sofe17015s.jpg
sofe17018s.jpg

それでもいくつかのピットでは、裏から見られることを意識してクルマを置いていただいているところもあったりします。

sofe17002s.jpg
sofe17011s.jpgsofe17032s.jpg
sofe17039s.jpg

まあ、何はともあれ、普段見られないクルマがエンジンを見せて整備されている姿はゾクゾクしますわな。

sofe17019s.jpg
sofe17020s.jpgsofe17034s.jpg
sofe17024s.jpg
sofe17026s.jpg

昔の2輪のレーサーの小ささ(華奢さ)にはちょっとビックリしました。

sofe17066s.jpg
sofe17049s.jpgsofe17046s.jpg

同じ年代のフォーミュラでもF1とそれ以外では車格が違うというのも、私の中ではまた新たな発見でした。

sofe17052s.jpg
sofe17053s.jpgsofe17055s.jpg
sofe17057s.jpg
sofe17064s.jpg

続きます。
nice!(3)  コメント(0)